書評:出版未来派のデジタル革命宣言

Futurist

「本の未来」について、この数年さまざまに語られている。いやコンピュータが登場して数十年、語られ続けてきた。うんざりだろう。しかし、幸いにも本書は「本の未来」を語ったものではない。著者たちは実践的立場からこの「未来」に関わってきており、本書は、出版という場で「未来」を現在として創ってきたテクノロジストのマニフェストだからだ。多くはE-Book2.0 … [Read more...]

「自主出版ガイド」ページ新設にあたって

trap

本フォーラムやMagazineの記事を通じて、英語圏での自主出版の動向についてはかなりの情報をお届けしてきましたが、日本でも欧米並みの自主出版を行うプラットフォームが整ったので、自主出版者を支援する情報提供を継続的に行っていきたいと考えて、専用のページを開設することにしました。自主出版はデジタル時代の出版の基本である、と私たちは考えています。簡単ですが、出版の持つ課題と自ら取り組むことで、多くのことが見えてきます。その意味で、出版のプロにも参考になることは多いと思います。(鎌田) … [Read more...]

出版の「著作隣接権」を考える(1):権利と利権

copyrights2

「著作隣接権」を出版に適用する動きについて、そろそろ外国人に説明する必要が出てきたのだが、もちろん一筋縄でいく問題ではない。そこで様々な角度から論点を整理してみようということで書き始めたのが、このノート。筆者なりの結論は最後に述べたいと思うが、この種の権利を論ずる場合には、(1)国際性、普遍性、(2)技術的合理性、(3)著作権との整合性、(4)実効性(コスト/効果)、(5)ステークホルダーのコンセンサス、で評価すべきだと考えている。(鎌田) … [Read more...]

Pages: 1 2

出版市場の再構築に向けて (1) インフラ

infrastructure rocks-resized-600.jpg

マーケティングとは市場の創造・構築・維持・発展に関わる活動を意味する。市場の枠組は不動と考えられているので、通常はその前提で商品を企画し、顧客を発見し、宣伝・販売する活動と考えられている。しかし、インターネットによって市場の枠組は根本的に変わった。しかもそれは安定に向かうことなく変化を続けている。だから、まず問題とすべきなのは枠組であって道具ではない。何が「本」であるかを知らなければ市場は見えてこない。(連載1) … [Read more...]

米国式ブック・マーケティング「十戒」

ten commandments

欧米人は何事につけルールを考え、それを「十戒」にまとめて共有することを好む。Wild Fire Marketingのロブ・イーガー氏 (Rob Eager) は最近、Digital Book Worldに「ブック・マーケティング十戒」という記事を書いていたので紹介しておきたい。日本から見て、すぐに腑に落ちるところと落ちないところがあると思うが、とりあえず米国の出版カンファレンスで語られているところを確認しておくだけでも無駄ではないと思う。 … [Read more...]

著者・出版社・読者の新しい関係を考える

triangle

暑い夏の間が中断していましたが、10月3日にオープン・パブリッシング・フォーラム(電子出版再構築研究会)を再開します(第1期第2回)。で、タイミングよく、いきなり大原ケイさんとのトーク・セッションとなりました。「著者・出版社・読者の新しい関係を米国の事例から考察する」という表題で、大原さんからいろいろ面白そうなお話を伺いながら、皆さんと議論ができればと期待しています。ここでは、企画趣旨と「目標」をご説明しておきます。(鎌田敬白) … [Read more...]

Pages: 1 2

サーバ復旧のお知らせ(9/1)

Chrysanthemum

この数日間、断続的にアクセス不能になる症状が見られましたが、9月1日夜に完全復旧しました。ご迷惑をおかけしましたことをお詫びします。 … [Read more...]

出版マーケティング再考(3):価値評価システム

price_value

出版が「マーケティング」を考えなくて済んだ時代は終わった、ということを縷々述べてきたのだが、専売商人でもない出版社が、リスクの高い情報商品を売る、というビジネスモデルが、マーケティングもなしに成立してこれた根拠は、もう少し厳密に考えるべきテーマだと思う。業界関係者にとっては、あまりに自明な(のでたぶん考えたこともない)のだろうが、あと10年もすればたぶん、そんな薄氷を踏むようなビジネスモデルじたいが信じられないことになるだろうから。 … [Read more...]

Pages: 1 2

出版マーケティング再考(2):流行と不易―モノからヒトへ

tohimondou

先週の記事に、4,000PVを超える予想外の反響をいただき、このテーマに高い関心が寄せられていることに勇気づけられた。出版というビジネスを自分で考える人が多いということは心強い。わが伝統文化には商売を賤しむところがあり、それは出版業界に根強いと思われる。よく出れば「君子は道を謀(はか)りて食を謀らず」の求道精神となるが、悪くすると独立心、起業精神、企画力の弱さとなる。現在は悪いほうばかりが目立っており、戦後の闇市世代、高度成長時代と比較すると、社会を覆う無気力(無力感)はほとんど信じられないほどだ。 … [Read more...]

Pages: 1 2

出版マーケティング再考(1):なぜいま?

Kotler

オープン・パブリッシング・フォーラム(電子出版再構築研究会)第1期(7-9月)は、まずマーケティングからスタートする(7/25)。デジタル出版はコンテンツではなくマーケティングによって成立し、これを制するものが市場を制する。マーケティングは釣りやスポーツ、ゲームのようなものだ。「これを知る者はこれを好む者に如かず。これを好む者はこれを楽しむ者に如かず。」(論語) とはいえ、食わず嫌いな人も多いので、まず知るところから始めよう。 … [Read more...]