Magazine 最初の1年

本誌は2009年11月に開始したEBook2.0 Forumを土台に、そのスピンオフとして2010年9月22日号(Vol. 1, No.1)からスタートしました。この1年間に400本あまりの記事を、購読会員および一般の方々のためにご提供しましたが、テクノロジーの本質を捉えたユニークな内容は、多くの方々から高い評価をいただいております。具体的には次のようなことががあります。

  • 米国に始まった歴史的な「E-Book革命」の本質、規模、速度を適確・正確に伝える。
  • メディアタブレットとしてのiPadの位置づけ、E-Readerとの違いを示した。
  • 一時流行した「Kindle vs. iPad」の対比を批判。両者が異なることを示した。
  • EPUBやXMDFなど、各種フォーマットの問題について的確な指摘を行った。
  • 流通、印刷、ITを含め、デジタル出版のインフラを構造的に捉え、動向を伝えた。
  • プラットフォームとは著者・作品と読者をつなぐ「読書(体験)環境」であることを示した。
  • いわゆる「カニバリズム論」の虚構性を指摘し、出版が成長産業であることを示した。
  • 日本の「電子書籍」ビジネスの問題点を指摘し、出版の改革の必要性を述べた。
  • 公共的視点から、DRMの様々な問題点を指摘、新しい合意の必要性を述べた。
  • E-Bookの価格問題に関するアプローチを、様々な事例を通じて紹介した。
  • 業界をリードするアマゾンの戦略とビジネスモデルを客観的に分析した。
  • 米英だけでなく、大陸欧州、中国、ロシアなどの市場の動向を伝えた。
  • 教科書出版がコンテンツ販売からサービス・ビジネスに転換する動きを伝えた。

読者紹介:このような方々を中心に会員購読いただいております。

  • オンラインストア
  • 出版社(編集者、記者、営業販売、広告、事業企画など)
  • 印刷会社(テクニカルサービス、製作、デジタル部門など)
  • 新聞社(デジタルメディア)
  • 書店
  • エレクトロニクス企業(製品企画、マーケティングなど)
  • 通信業
  • ITサービス(経営者、エンジニア、マーケティングなど)
  • ジャーナリスト
  • Webデザイナー
  • 広告プランナー
  • Webメディア編集者、プランナー、クリエイター
  • 証券・投資アナリスト
  • コンサルティング企業、シンクタンク
  • 大学、大学院

ABOUT This Magazine (ABOUT トップページへ)