E-Book再考(7):自主出版の意味とは?

DIYpub

自主出版という側面から出版社不要論を紹介した前回の記事には、予想通り様々なコメントをいただいたが、とくに「編集」と「読者」について指摘したものがあった。有難い。これらについては次回以降に考えさせていただくとして、まず自主出版への誤解と偏見を解いておきたい。自主出版者は、出版社を咎めてはいない。ただ出版社に期待するのは止めようと考えているだけだ。なぜそうなのかも知っている。既存の流通の仕組みが本を出版したい者に著しく不利になっているのがその理由だ。 … [Read more...]

アマゾンは出版社の敵か味方か:もう一つの見方

namelos_logo

アマゾンはKindleの日本開店を延期(EB2 Magazine, No. 2-15)したようだが、難航する交渉の背景には、出版社の抜きがたい警戒心がある。デジタル時代をひた走り、すでに比率が20%を超えたと思われる米国でも、最大の書店アマゾンに対する警戒、あるいは憎しみは高まっている。アマゾンは出版社にとって何なのか。これまで大手関係者の声ばかりが伝えられてきたが、そればかりを聞いていては認識を誤るだろう。 … [Read more...]

週刊ダイヤモンド「出版特集」中止事件

520px-Diamond-caution.svg

『週刊ダイヤモンド』が60ページの4月6日号大特集「電子書籍と出版業界」(仮題)の制作を中止したという情報は、かなりショッキングな話題だ。池田信夫氏のブログなどによると、編集はもちろん、営業でもなく、純粋に「経営」の判断で中止が決定されたとのことで、どんな「経営」なのかと思ったら、大手銀行の広報マン出身とのことだった。これはこれで「フタをする」ほうのプロではあったわけだ。差し替え先は同社の定番「ドラッカー」のようだが、泉下のドラッカー氏が知ったら何とおっしゃるか。 … [Read more...]

「官民一体」で「中抜き」阻止とは?

canonhou

「政府は17日、本や雑誌をデジタル化した電子書籍の普及に向けた環境整備に着手した。」という書き出しで始まる日経新聞の記事は、E-Bookを進めるわれわれの気分をむしろ暗くさせる。文書では背景や課題について明確な説明がない一方で、「資本力で勝るメーカーに規格決定の主導権を握られると、出版関連業界は中抜きにされる恐れがある」(総務省幹部)という説明がなされている点だ。 … [Read more...]

デジタルの神はもう待てない

wrath-of-god

技術的な話題をもっと取り上げたいのだが、E-Bookについては、出版界の「それ以前」の話(タブー)が多すぎて、これを無視すると必ず足を取られるから、当分は嫌われることを承知で「公論」や「輿論」を起こしていくしかないと覚悟している。岸教授のアマゾン黒船論にはショックを受けてしまったが、ブロガーの小飼 弾氏の最近の問題提起は、とても重要な視点を含んでいる。続けてお読みいただければ幸い(鎌田)。 … [Read more...]

O’Reilly TOC Conference [終了]

The O'Reilly Tools of Change for Publishing Conference 日時:2010年2月22-24日/会場:New York Marriott Marquis Times Square 主なテーマ・トピック: ・モバイルWeb ・新しい出版ビジネスモデル ・デジタル流通における地理的境界の低下 ・読者はなにを望むのか ・本のための"仕事"はどうあるべきか再考する、など。 … [Read more...]

2010年代の「出版」を考える [終了]

【イベント概要】 グーグルの「ブック検索」、アマゾンのキンドル、アップルのiPhoneや噂されるタブレットなど、インターネットと結びついた電子出版・電子読書のしくみが登場するなかで、出版の仕組みは大きく変容しそうな状況を迎えている。今回は特に、書き手と出版社の仕組みを中心に徹底的に議論。出版社は意味を持つのか、印税90%化は可能か、読者を引きつけるコンテンツをどう生み出すのか。 … [Read more...]

出版流通問題を考える情報源

新聞・出版業界についての情報は少なく、危機に陥っていることは聞こえても、本質的な議論はさらに少ない。その中で、ITmedia社のサイトは、Web系メディアの持ち味を生かして、かなりしっかりした記事が読める。異常な寡占状態の問題は何か。著作者や出版をどうやって救うか、など意欲的な論点を伝える記事へのリンクを紹介する。 … [Read more...]

「再販」なしのE-Bookは出版社に何をもたらすか

amazonsthumb

Kindleが再販制度に守られてきた(とされる)日本の出版流通に及ぼすであろう影響を、村瀬拓男氏が分析。電子書籍が独禁法の適用対象となることで価格決定権が小売に移行するとし、「売りたい本を売りたい値段で市場に投入する自由を謳歌し」てきた出版社にとっては、電子書籍の位置づけと価格政策を独自に判断することが重要となると説く。(リンク+解説) … [Read more...]

リブリエのビジネスはなぜ失敗したか?

librie2

DIAMOND 連載で、キンドルに対比されるソニー・リブリエのビジネスモデルの失敗について、村瀬拓男氏が分析。「既存の出版ビジネスと抵触させない、という売り手側の事情が透けて見えており、それを敏感な消費者が嫌った(…のかも)」とコメントしている。Google和解修正案への評価ともども必読。 … [Read more...]