2018年10月18日 第9巻5号 [通巻421号]|=会員記事(有料)|会員ログイン

OCTOBER 18, 2018—Vol.9 No.5, IN THIS ISSUE—

  • ポリティカル「ノン・フィクション」の反文明

    FBF2018は10月14日に全6日間の会期を終了した。Publishers Weeklyの3人のベテラン・ライターは「安定」という言葉で総括したが、この安定は、嵐の中の不思議なバランスによってもたらされた不思議な状態で… [続きを読む]

    ポリティカル「ノン・フィクション」の反文明
  • E-Book 2.0 Forum “Version 2″へ向けて (1)

    いま出版は、誰が見ても病的な状態にある。出版だけではない。社会が病気で、それはかつての「先進工業国」に共通した現象でもある。現在と将来の「生活」に不安を持ち、それまでに得た「自信」を失い、つまりは「意味=価値」が揺らいで… [続きを読む]

    E-Book 2.0 Forum “Version 2″へ向けて (1)
  • 出版とWeb:本誌10年目を迎えて

    本誌は9月で満9歳になりました。1985年以来、紙のニューズレターを3種類、通算で10年ほど編集兼発行人をやっていたので、Webでもほぼ並んだことになります。情報技術と出版の転換期に、自分なりの観察と考えを公刊物として残… [続きを読む]

    出版とWeb:本誌10年目を迎えて
  • 「マンガ」のレイアウトを考える (1) 連続性 (♥)

    9月18-19日に東京の慶応大学で開催されたW3Cワークショップの議事録とレポートが公開された。「デジタル出版物のレイアウトと表現:マンガから雑誌まで」と題したイベントについては筆者が記事にしている。今回発表されたのは、… [続きを読む]

    「マンガ」のレイアウトを考える (1) 連続性 (♥)
  • 「実用的進化」の道を歩むKindle Paperwhite

    アマゾンが10月16日、Kindleの中心機種 Paperwhite を全世界的に発表し、受注を開始した。E Ink の Carta HD 6型 (300ppi) スクリーンを採用、LEDを5個採用したことで目に優しくな… [続きを読む]

    「実用的進化」の道を歩むKindle Paperwhite

ANALYSIS & COLUMN

「マンガ」のレイアウトを考える (1) 連続性 (♥)

9月18-19日に東京の慶応大学で開催されたW3Cワークショップの議事録とレポートが公開された。「デジタル出版物のレイアウトと表現:マンガから雑誌まで」と題したイベントについては筆者が記事にしている。今回発表されたのは、スタッフの速記に基づく議事録で、このテーマに関心を持つ者にはとても有用かつ貴重なものだ。[全文=♥会員] … [続きを読む...]

ポリティカル「ノン・フィクション」の反文明

FBF2018は10月14日に全6日間の会期を終了した。Publishers Weeklyの3人のベテラン・ライターは「安定」という言葉で総括したが、この安定は、嵐の中の不思議なバランスによってもたらされた不思議な状態であって、ふつうの意味での「安定」ではない。そのことは、出版関係者の多くが意識している。 … [続きを読む...]

E-Book 2.0 Forum “Version 2″へ向けて (1)

いま出版は、誰が見ても病的な状態にある。出版だけではない。社会が病気で、それはかつての「先進工業国」に共通した現象でもある。現在と将来の「生活」に不安を持ち、それまでに得た「自信」を失い、つまりは「意味=価値」が揺らいでいる。本来、社会を見つめる視点を提供し、病気を治す知恵をもたらす、生きる力を取り戻すはずだが、その医者が病気なのだ。 … [続きを読む...]

NEWS & COMMENTS

「実用的進化」の道を歩むKindle Paperwhite

アマゾンが10月16日、Kindleの中心機種 Paperwhite を全世界的に発表し、受注を開始した。E Ink の Carta HD 6型 (300ppi) スクリーンを採用、LEDを5個採用したことで目に優しくなった。軽量 (182g) 薄型 (8.18mm)を進めながらハードは強化され、さらに初の防水 (IPX8)仕様となった。価格は13,980円 (Wi-Fi/8GB/広告付)。 … [続きを読む...]

EDITORIAL

E-Book 2.0 Forum “Version 2″へ向けて (1)

いま出版は、誰が見ても病的な状態にある。出版だけではない。社会が病気で、それはかつての「先進工業国」に共通した現象でもある。現在と将来の「生活」に不安を持ち、それまでに得た「自信」を失い、つまりは「意味=価値」が揺らいでいる。本来、社会を見つめる視点を提供し、病気を治す知恵をもたらす、生きる力を取り戻すはずだが、その医者が病気なのだ。 … [続きを読む...]

出版とWeb:本誌10年目を迎えて

本誌は9月で満9歳になりました。1985年以来、紙のニューズレターを3種類、通算で10年ほど編集兼発行人をやっていたので、Webでもほぼ並んだことになります。情報技術と出版の転換期に、自分なりの観察と考えを公刊物として残せたことは誇りですが、それは「読者」とともに続けられたことで出版としての価値が生まれるからです。 … [続きを読む...]

FOCAL POINT

世界最大の出版社PRHが図書館いじめ

世界最大の商業出版社ペンギン・ランダムハウス(PRH)は10月1日からE-Book貸出の契約内容を改訂することを発表した。価格は下がるが利用期間は2年で、大人向けが最高55ドル、青少年向けが同45ドル、子供向けが同35ドル。図書館関係者の反撥を予想して、「実際の利用は、発売後6-8ヵ月で急激に減少するので影響はほとんどない」としている。 … [続きを読む...]

先週号 PICK UP —October 11, Vol.9 No.4—

FBF2018:オーディオブック登場 (♥)

オーディオブックが米国で大きなトレンドになっていることは、本誌がお伝えしてきた通りだが、FBFでも今年から Audiobook Conferenceをレギュラー・プログラムに組み込んだ。つまりこれが「ブーム」ではなく、世界的な現象であり、様々な角度から取り上げる必要があるものとして認知したことを意味する。[全文=♥会員] … [続きを読む...]

Wattpadが「著者支援のための有償」実験

ソーシャルリーディング・プラットフォーム Wattpadは、新しいコンテンツ市場を創造する可能性があるWattpad Nextのベータ版の実験を静かに開始する。期間は短期で、対象は招待制で地域が限定されており、本社のあるカナダ、英国、フィリピンとメキシコの4ヵ国で、最大市場の米国は含まれていない。開始は10月9日、つまり今日だ。 … [続きを読む...]

「リアル・アマゾン」堂々完成 (♥)

“Amazon 4-Star” は、これまで「地道で慎重な実験」を繰り返したアマゾンが、初めて(失敗の許されない)トレンディ・スポットで自信を持って開店した店舗ということになる。この会社は失敗が少ないことで定評があるが、4-Starはこれまでの「アマゾンショップ」群の集大成でさらに奥があると感じさせる。[全文=♥会員] … [続きを読む...]

フランクフルトBF2018開催:前方に暗雲 (♥)

フランクフルト・ブックフェアが10月2日に開催され、出版界が置かれている現状と主要なステークホルダーたちの現状認識を聞くことが出来た。Publishers Weekly (10/09)は、エド・ナウォトカ氏による初日の印象を紹介しているが、「曇り、時々晴れ間、大型台風接近中」といったものだったようだ。[全文=♥会員] … [続きを読む...]

ターリアがドイツ系定額制サービスSkoobeに資本参加

ドイツの書店チェーン、ターリア社は、欧州でE-Bookの定額制サービスを展開する Skoobeに資本参加(50%)する意向を発表した。世界の出版市場の半分以上を押さえるドイツ系の2社の実験的事業と思われてきたが、デジタルに積極的なドイツの大手書店の参加で、動き出す可能性が出てきたようだ。 … [続きを読む...]

WordPress 5.0最終リリース予定発表

WordPressの最新版 (5.0-Gutenberg) については本誌でも取上げていたが、11月19日にリリースされることが発表された。「バザール型」のオープンソース・プラットフォームの大改訂だけに、プラグインやサービスなどでコミットしているすべての関係者を満足させるものとはならず、失敗のリスクを覚悟しての改築・改装となる。 … [続きを読む...]

CLIP BOARD

本誌で取り上げていないニュースや他メディアのE-Book情報を、毎週ご紹介しています。2017年 | 2016年 | 2015年 | 2014年
  • 「今ほどクリエイティブが重要な時代はない」--クリエイターの祭典「Adobe MAX」開幕 -10/17 CNET Japan
  • 「ブロッキング法制化」結論出ず 3時間半の激論、政府検討会は無期限延期に -10/15 IT Media
  • 「出版ニュース」、来年3月末で休刊へ -10/12 新文化オンライン
  • 紀伊國屋書店、携帯端末から店舗在庫検索可能に -10/18 文化通信
  • 紙の書籍・雑誌のデジタル化代行と背表紙インターフェースのクラウド書棚を提供する「アスパラ シェルフ」サービス開始 -10/15 hon.jp
  • 電子書店「日経ストア」が来夏でサービス終了 ~ 購入済みコンテンツは一部を除き「honto」へ移行可能 -10/10 hon.jp
  • 電子書店「eBookJapan」が全面リニューアル、ヤフーと共同運営の「ebookjapan」へ名称変更、URLも変更 -10/5 hon.jp

会員向け記事より

出版社を炎上から防ぐWeb使用法 (♥)

この時代、立場のいかんを問わず、活字は何とか守りたいと筆者は思っている。誰であれ活字関係者が石礫を浴びているのを見れば胸が痛む。10年以上Webメディアで情報を発信してきた身として、活字関係者にWebとの「付合い方」を提 […]

出版技術の黄金時代:(1)3つのPの最適化

米国のPublishers Weekly (PW)にデジタル関連の記事が載ることは多くないが、学術出版の重鎮ウィリアム・カスドーフ氏が「出版技術の黄金時代」という興味深い寄稿を載せた (09/07)。過去40年以上、出版 […]

OR/Mの復刊本ビジネスとブッククラブ (♥)

復刊本E-Book出版で目覚ましい業績を更新しているOpen Road Integrated Media (OR/M)は、Spread the Words ブッククラブと提携し、The Fab Over Fifty (F […]

ウォルマートeBookstoreの挑戦 (2):正攻法 (♥)

コマースでアマゾンを追撃するウォルマートが、Koboと提携してE-Book/A-Bookに参入した。この世界最大の小売企業のアプローチがどのようなものかに注目したい。オンライン書店(アマゾン)は、ウォルマートから学ぶこと […]

アマゾンは映画館を再構築できるか? (♥)

Bloomberg は、アマゾンが映画館チェーンの Landmark Theaters の買収交渉を行っていることを伝えた。内容は秘密で結論は見ていないが、アマゾンが映画でも「オンライン+リアル」という路線を踏襲している […]

中国の電書バブルとKindleの体制構築 (♥)

アマゾンが中国での昨年のKindle本販売が12%の増加を達成したことを発表した。タイトルは70万点と多くはないが、着実に伸びており、Kindleデバイスも累計で数(several)百万台に達したとされる。Kindleの […]

「マンガ図書館」が活字本の活用を実験(2):ビジネス(♥)

絶版問題は、伝統的な出版ビジネスモデルの限界(つまりチャネルとしての在来書店とフォーマットとしての印刷本)を露呈していた。問題の中に利益機会(ビジネス)を見つけるという基本に忠実だったのはアマゾンで、Kindleが成功し […]