2019年3月21日 第9巻27号 [通巻443号]|♥=会員記事(有料)|会員ログイン

March 21, 2019—Vol.9 No.27, IN THIS ISSUE—

  • Reedsyが新たにDiscoveryサービス

    英国の出版マーケティング・サービスの Reedsy は、著者向けの Discoveryプラットフォームを発表した。出版の主体が「著者」に、サービスが「データ駆動」に移行したことを反映したものだが、「広告」を含めたアマゾン… [続きを読む]

    Reedsyが新たにDiscoveryサービス
  • Webを使えない紙時代の習慣

    デジタルはアナログを模倣するところから始め、しだいにデジタル本来の可能性を開拓し、機能を使うようになる。とはいえ、新聞や雑誌、書籍などの活字系は、紙出版の伝統的なプロセス(の制約)をそのまま引き摺ったことが多く、立ち止ま… [続きを読む]

    Webを使えない紙時代の習慣
  • E-Readerの新しいフロンティア(2) (♥)

    [EB2 Magazineマンスリー 3月号]  2020年はE-Bookにおいて画期的な年になりそうで、それはフォルダブルや2画面、大画面のような画面コントロール機能が導入されることによる。それによって、これまでクラウ… [続きを読む]

    E-Readerの新しいフロンティア(2) (♥)
  • マンスリー・レビュー: イベント「page 2019」

    [EB2 Magazineマンスリー3月号]  JAGAT主催のpage 2019 (2/6-8開催)に出掛けてきた。「印刷メディアビジネスの総合イベント」でデジタル、紙、マーケティングの連携を謳っている。半日の印象では… [続きを読む]

    マンスリー・レビュー: イベント「page 2019」
  • E-Readerの新しいフロンティア(1)

    E-Readerという製品分野は、もちろん読書専用に開発されたものだが、大方の予想を外れて、タブレットと競合せず、KindleやKoboのようなストア・プラットフォームとは無関係に複数の製品が存在し、成長し続けた。ガジェ… [続きを読む]

    E-Readerの新しいフロンティア(1)
  • Bookbubがオーディオブックに参入

    BookbubはE-Bookのキャンペーン・プラットフォームで、出版社やインディーズを中心に広く利用されているが、3月5日の発表で新たにChirp というオーディオブック対象のプログラムを開始すると発表した。なお高成長を… [続きを読む]

    Bookbubがオーディオブックに参入
  • 教科書のデジタル化は「経済性」で進む (♥)

    米国のライス大学が運営している無料電子教科書提供団体 OpenStaxは3月1日、昨年1年間に提供した教科書が全米の48%の大学で220万人に達したと発表した。2017-18年度に無償教科書で節約された金額は、1億7,7… [続きを読む]

    教科書のデジタル化は「経済性」で進む (♥)
  • 「学術出版社 vs. 大学」が直接対決へ

    Publishers Weeklyの記事 (Andrew Albanese, 02/28)によれば、カリフォルニア大学は、学術出版の世界最大手のエルセヴィア社の学会誌の購読契約を打切り、Open Accessの活用を推進… [続きを読む]

    「学術出版社 vs. 大学」が直接対決へ

ANALYSIS & COLUMN

「Webメディア」ノート(1): 雑誌ビッグバン

筆者はかつて様々なジャンル/タイプの雑誌の仕事をしたことがある。1960-90年は「雑誌の黄金時代」。毎月のように買い求める読者がいて、莫大な広告費が流れ込む雑誌もあった。Webが最も大きなダメージを与えたのは「雑誌」だが、この先どんなビジネスモデルに収斂するかがまだ見えない。 … [続きを読む...]

NEWS & COMMENTS

アマゾンがKindle新製品

アマゾンは3月20日、エントリ・レベルのKindle新製品を発表した。国内価格は8,980円。4月10日に発売される。800×600/167ppiのCartaパネルと4個のLEDによるフロントライト (FL)方式で明るさを調整する。旧型のリプレースとして手堅いものだが、特典などがなければ、Paperwhiteがちらつく。 … [続きを読む...]

フランスでもオーディオブックが普及

E-Bookは英語圏から大陸欧州へと拡大してきた。オーディオブックも同様に展開しているが、最新の欧州の調査によれば、推定ユーザーは約770万人、15歳以上の人口の8分の1あまりに達している。フランスでの普及は、E-Bookよりは速くなるかもしれない。 … [続きを読む...]

Viz Mediaが米国でオリジナル・マンガ出版

小学館・集英社グループが米国で展開する Viz Mediaは、クリエイターを対象にした新しいマンガ自主出版ブランド VIZ Originalsを開始する。マンガにインスパイアされたオリジナル・ストーリーを審査・承認し、米国内でのマンガ/アニメ・イベントでの出展を支援するという新しいアプローチだ。創刊は来年の予定。 … [続きを読む...]

Monthly Review

E-Readerの新しいフロンティア(2) (♥)

[EB2 Magazineマンスリー 3月号]  2020年はE-Bookにおいて画期的な年になりそうで、それはフォルダブルや2画面、大画面のような画面コントロール機能が導入されることによる。それによって、これまでクラウ […]

マンスリー・レビュー: イベント「page 2019」

[EB2 Magazineマンスリー3月号]  JAGAT主催のpage 2019 (2/6-8開催)に出掛けてきた。「印刷メディアビジネスの総合イベント」でデジタル、紙、マーケティングの連携を謳っている。半日の印象では […]

マンスリー・レビュー:印刷の21世紀 (♥)

[EB2 Magazineマンスリー・レビュー 2月号] 1月に最も読まれた記事の1本は、「アメリカの「大凸」が年内に合併!」という年明け早々の記事だった。出版印刷の最大手2社のことを「大凸」と呼ばせていただいたのだが、 […]

21世紀のメディアとマーケティング(♥)

[EB2 Magazineマンスリー・レビュー 2月号] Web時代にマーケットはコンテンツではなくコンテクストに感応するようになった。印刷という「高信頼、非同期、低精度」のメディアは「低信頼、同期、高精度」のWebソー […]

前号 / 前々号 — V9N26, V9N25

Web30年と「本・著者・読者」(1)

この3月12日は、ティム・バーナーズ=リーが1989年、欧州原子核研究機構 (CERN) で「情報管理システムの提案」を提出してから30年となった。これがWebにつながる話は、長いようで短いが、Webは満30歳を迎えたこ […]

アマゾンが書店展開を強化へ

アマゾンは、Amazon Booksを20ヵ所以上に展開する一方で、87の「ポップアップ・ストア」を2013年以来維持してきたが、最近同社のスポークスマンが、Good eReaderなどに対して、後者を閉店し、書店に力を […]

教科書のデジタル化は「経済性」で進む (♥)

米国のライス大学が運営している無料電子教科書提供団体 OpenStaxは3月1日、昨年1年間に提供した教科書が全米の48%の大学で220万人に達したと発表した。2017-18年度に無償教科書で節約された金額は、1億7,7 […]

E-Readerの新しいフロンティア(2) (♥)

[EB2 Magazineマンスリー 3月号]  2020年はE-Bookにおいて画期的な年になりそうで、それはフォルダブルや2画面、大画面のような画面コントロール機能が導入されることによる。それによって、これまでクラウ […]

E-Readerの新しいフロンティア(1)

E-Readerという製品分野は、もちろん読書専用に開発されたものだが、大方の予想を外れて、タブレットと競合せず、KindleやKoboのようなストア・プラットフォームとは無関係に複数の製品が存在し、成長し続けた。ガジェ […]

創業106年、Writer’s Digestの 米国F+Wが倒産

ニューヨークの総合メディア出版社 F+Wが3月10日、連邦倒産法第11章の適用を申請し、倒産処理手続に入った。日本の民事再生法にあたるもので、資産(1億ドル以下)は分割売却されるものとみられる。それに対して債務総額は 1 […]

フランス Numilogが「読んだ分だけ」モデル (♥)

フランスの学術・参考書系デジタル・ブックストア Numilog は、読んだ分だけ支払う (pay-per-page)サービスを開始した。高額本の「拾い読み (Pick & Read)」への需要は確実にあるが、いま […]

「学術出版社 vs. 大学」が直接対決へ

Publishers Weeklyの記事 (Andrew Albanese, 02/28)によれば、カリフォルニア大学は、学術出版の世界最大手のエルセヴィア社の学会誌の購読契約を打切り、Open Accessの活用を推進 […]

Bookbubがオーディオブックに参入

BookbubはE-Bookのキャンペーン・プラットフォームで、出版社やインディーズを中心に広く利用されているが、3月5日の発表で新たにChirp というオーディオブック対象のプログラムを開始すると発表した。なお高成長を […]

Reedsyが新たにDiscoveryサービス

英国の出版マーケティング・サービスの Reedsy は、著者向けの Discoveryプラットフォームを発表した。出版の主体が「著者」に、サービスが「データ駆動」に移行したことを反映したものだが、「広告」を含めたアマゾン […]

CLIP BOARD

本誌で取り上げていないニュースや他メディアのE-Book情報を、毎週ご紹介しています。2017年 | 2016年 | 2015年 | 2014年
  • 「日本はAIのデータ活用が遅れている」 “データ流通基盤”構築へ、社団法人が設立 -3/6 IT Media News
  • 誕生から30年、「Webの父」が企業・政府・市民に警鐘 -3/12 日経XTECH
  • 違法DL規制拡大見送り「大変遺憾」 権利者団体・CODAがコメント -3/14 IT Media News
  • 電子図書館サービス「LibrariE」の導入館100館到達、取り扱いコンテンツは4万8000点に -3/8 HON.JP
  • カナダの“海賊党”が著作権まるで無視のフリーEブックサイトを再オープン -3/14 HON.JP
Scroll Up