サイモン&シュスター社がVook 47点を発売

サイモン&シュスター社は、マルチメディアとWeb 2.0を融合させた拡張型E-Book環境VookをベースにしたE-Bookコンテンツ47タイトルをiBook Store向けに一挙発売した。今回の目玉は、米国のロックバンドGuns N' Rosesのドキュメンタリー "Reckless Road" (by Marc Canter & Jason Porath)で、17本=計40分に及ぶビデオインタビュー、200枚の画像を含む。DVDではありえない$4.99という価格が最大の魅力だろう。

Vookと拡張型E-Bookの可能性

Vook (Video+Book)は、2008年に起業家のブラッドレー・インマン (Bradley Inman)によって設立された出版ITベンチャーで、映像や音声を本の中に融合させるプラットフォームを開発・提供している。Vookは商業出版向けのハイエンド環境で、(1) 作者がつくりあげた一つの完結したストーリーに沿って効果的に映像で膨らませること、(2) 読者が作者や友人たちとソーシャルメディアを通じて交流できる環境を提供すること、を目的としている。オンライン (Web)とアプリ (iPhone/iPad)という2つのフォーマットがあり、18のカテゴリで、現在10社以上の出版社から200あまりのタイトルが提供されている。価格は高いものでも$6.99で、多くが$4.99である。製作費にもよるが、10万ダウンロード以上ないと採算がとれない可能性が強い。逆に言えば、出版社はそれだけの可能性のあるタイトルを製作する自信があることになる。

今日では、本にマルチメディア情報をを組込むこと自体は難しくはないが、安定した製作・実行環境は提供されてこなかった。その結果、コンテンツ開発が予想外の巨額になり、ユーザーの満足も得られないことはしばしばである。また安価で安定した環境がないと、ストーリーテリング(話法)のメソッドが確立せず、作家も輩出しない。印刷本のストーリーテリングは、読者の集中力を必要とするから、動画や音声など時間を伴うデータをむやみに混入させても、混乱をきたすだけで満足も感動も得られないのである。したがってこの20年近く、“マルチメディア”はつねに近くて遠い可能性に止まってきた。本、演劇、音楽、映画、アニメーション、ゲームなどは、それぞれの世界と強固な話法を持っており、調和させることは難しいということだ。

Vookは、技術を公開、販売はしていない。手持ちのコンテンツをVook化したい出版社は、Vookあるいはパートナー会社(たとえばWebビデオのTurnhere)に製作を任せることになるだろう。つまり、製作環境と実行アプリケーションは独立せず、オーサリング技術者も独自環境に習熟する必要があるということだ。レイ・カーツワイルのベンチャーであるBlioも同じアプローチをとっている。拡張E-Bookの製作環境が独立した商品として提供するには、まだ時間がかかりそうだ。以下は、筆者が考える要件である。

  • オーサリングとコンテンツ管理の環境が堅固でかつスマートであること
  • 優れたUXを実現する対話的インタフェースとともに提供されていること
  • デジタル・ストーリーテリングのロジックが合理的かつ柔軟であること
  • 多様なデータフォーマットを扱うことができること
  • 多様なデバイスプラットフォームに対応できること

日本での普及シナリオ:まず翻訳から?

製作環境、実行環境、デジタル作家という3要素はまだ確立していない。だからこそ大きな可能性があり、ITベンチャーとアーチストが挑戦する場となる。Vookは多くの出版社から支持されており、サイモン&シュスターや、ハーパー・コリンズ、雑誌のフィリパッキ社など十数社が採用している。また有名なシェフ、エリック・ゴウアー (Eric Gower)も新しい料理本を制作している。"The Breakaway Japanese Kitchen"(創作日本料理)というVook ($4.99)もあるので、ぜひチェックしていただきたい。GNRもそうだが、文字だけの本よりは拡張E-Bookのほうがそのまま日本で読まれる可能性は高い。

おそらく、VookやBlioのタイトルの日本語版(あるいは最初から多国語版)が製作されることで、翻訳タイトルによる拡張E-Bookのブームが起きることになるだろう。また実用・趣味・文化系で優れたコンテンツを持つ出版社は、海外のサービス環境を活用して、最初からグローバルな話法の多国語コンテンツを開発して世界市場を狙うほうが、一から勉強を始めるより賢明ということになる可能性が強いシャープはXMDFのマルチメディア拡張フォーマットを開発しているが、上述した総合的環境(ツール、スタジオ、エンジニア、プロフェッショナル・サービス…)まで提供できないと、成功する可能性は低いとみられる。拡張E-Bookではデータフォーマットの戦略的重要性など限りなくゼロに近いのだ。(鎌田、09/10/2010)

参考記事

「Video+BookのVookがメインストリームを窺う」 by 鎌田、EBook2.0 Forum 03/21/2010

Scroll Up