米国成年層でE-Readerの普及率が急上昇

中立・非営利の調査機関であるPew Research Centerが主宰するThe Pew Internet & American Life Project (IALP)は6月27日、米国の成年(18~65歳)におけるE-Reader保有率が2010年11月~2011年5月までの6ヵ月間に6%から12%と、2倍に急上昇したと発表した(レポート)。保有率が最も高いのは、年収75,000ドル以上で子供のいる世帯の両親。対照的に、iPadやGalaxy、Xoomを含むタブレットの普及は、1月時点で7%、5月でも8%に止まり、昨年11月からの半年間で3%ポイントしか上昇していない。

ちなみに、IALPによれば、タブレットが最も多かったのは、ヒスパニック系の年収75,000ドル以上のクラスタであった。4月26日から5月22日にかけて実施された調査はインタビュー形式で行われ、2,277のサンプルを得た(誤差は±2%ポイント)。E-Readerについての数字は、他の調査機関の推定とほぼ同じで驚きはないが、タブレットとの関係では、意外にもE-Readerが大きく上回っている。両者の保有層の重複は3%。E-Readerが登場してからすでに3年半を経過しているのに対して、タブレットは1年足らずなので、この結果を理解できないことはないが、この半年で差が拡大していることは、大方の予想を裏切るものだろう。かなりしっかりと設計されている調査なので、サンプルに大きな偏りが出ることは考えにくい。

素直(単純)に解釈すれば、E-Readerは大人のものであり、タブレットは青少年のものということになる。これはE-Bookコンテンツがタブレットではあまり売れていないという事実とも一致する。タブレット型カラーリーダであるB&NのNOOK Colorでさえ、売れ筋コンテンツはゲームが並んでいる。E-Book/E-Readerとタブレットの距離は、それぞれのユーザー層とともに、意外と遠いのかもしれない。  (鎌田、06/30/2011)

Print Friendly, PDF & Email
Send to Kindle
Pocket

Share