T.S.エリオット『荒地』iPadアプリ版が話題

拡張型E-Book出版社のタッチプレス(Touch Press, London)は6月7日、初の文学コンテンツとなるT.S.エリオットの長詩『荒地』(1922)のiPad版を発売した($13.99)。20世紀の最も重要な詩作と言われる原作のほか、詳細な注釈、草稿のファクシミリ、フィオナ・ショウによる全作品朗読、エリオット自身や俳優アレック・ギネス、俳優兼詩人のヴィゴ・モーテンセンによる朗読、専門家による35篇ものビデオ解説も収録。単なるマルチメディア・コンテンツではなく、難解な原作から多くのことを引き出すための様々な仕掛けが組込まれ、出版界の話題となっている。

タッチプレスは、「出版の未来を定義する生きた本」のメーカーを目指し、技術計算ソフトウェアとして有名なMathematicaの開発者で、著述家としても知られるセオドア・グレイ氏やスティーブン・ウォルフラム氏、それにBBCの科学プロデューサー出身のマックス・ホイットビー氏らが参加し、英国のFaber & Faber社と提携して発足した新しいタイプのデジタル出版社。昨年末にリリースした『太陽系』は、iPadの計算/描画能力をフルに発揮したものとして評価された。文学作品は初めてだが、フェイバー社はエリオット自身が関わり、初版を出しているなど、因縁は浅からぬものがある。『荒地』の成立においては詩人のエズラ・パウンドによる編集や助言のエピソードも有名だが、本コンテンツはそのあたりの経緯を克明に解説しているという。(下のビデオを参照=The Guardian)

さて、「生きた本」としての本コンテンツの価値は、あくまで作品の鑑賞をどれだけ助けられるかにあり、スタッフが最も苦心したところだろう。別の個所への移動、スクロールする原文と朗読の同期、活字テキストと草稿の同時表示などの機能はスムーズで、複雑な割に迷うことがないユーザーインタフェースは高く評価されている。しかし、注釈を左に置いたことで、詩の行を追う視線が中断される点は問題が残るという批判もある。ともかく、原作者のもの(1933, 1947)を含めて、豪華朗読者によるパフォーマンスを収めたことで、作品の様々な側面を浮かび上がらせることには成功している。

タッチプレス版『荒地』は、様々な点で現在の拡張E-Bookの最先端と言えるものだが、原作者と関係が深いフェイバー社とフィルムライブラリを持ち、製作に参加しているBBCとの提携によって初めて可能になったと言えないことはない。幾らかかったかも気になる。 (鎌田、06/14/2011)

参考記事

Scroll Up