CCCがRightsLinkサービスにモバイルアプリ

コンテンツの利用促進のための著作権ライセンス処理を行う米国の非営利団体CCC (Copyright Clearance Center)は、このほどRightsLinkのiPhone/iPad用アプリを提供したことを明らかにした。これにより職業的コンテンツユーザーは、PCだけでなく、iPadなどのモバイル・デバイスでどこでも版権情報をリサーチし、手続きができるようになり、利便性が高まる。

CCCは1978年に設立(マサチューセッツ州ダンヴァース)された団体で、世界的な規模で版権の処理を行っている。主として出版社や学術研究機関を対象に、刊行本、絶版本、雑誌、新聞、画像、ブログ、E-Bookなどの著作物のライセンス処理を迅速・容易に行うサービスを提供する。利用したいコンテンツの権利を権利保有者のWebサイトから直接取得できるので、出版物コンテンツの版権流通を加速するものとして注目されている。なお、CCCのRightsLinkは、米国のSoftware & Information Industry Association (SIIA)から2011年度のCODiE賞を受賞している 。 ◆  (10/06/2011)

Scroll Up