iPadの単走で寂しい3Q11の国内タブレット市場

IDCジャパンは12月27日、2011年第3四半期(7~9月)の国内モバイルデバイス市場動向を発表した。スマートフォン出荷台数は前年同期比243%増の530万台。タブレット市場はiPad 2が市場を牽引し、前年同期比133%増の42万台となった。しかし、iPad以外にヒットがないために、市場では供給過多が続いている。GALAPAGOSの失敗もあり、見通しは明るくない。

タブレットの年となったはずの2011年だったが、iPadの一人勝ち、それもかなり低いレベルでの結果となった。iPadの累計はおよそ100万台くらいだろうが、タブレットの主要な用途は読書ではないので、米国より(人口比で)一桁小さいこの水準では、市場に影響を与えるほどではない。3Qの数字にはまだソニーや東芝、松下などの国内勢が載っておらず、4Q以降のへんかが期待されるが、店頭を見てもあまり勢いは感じられない。結局、来年も数字の上でiPadに対抗できる唯一のデバイスであるアマゾンKindle Fireの登場に期待がかかる展開となろう。(12/29/2011)

Scroll Up