GoogleのNexus 7:ターゲットはKindle Fire

Googleは6月27日、同社初のタブレット製品となるNexus 7とメディア・プレーヤーNexus Qを発表した。仕様的には昨年秋に発表されたKindle Fireを遥かに凌ぐものでCPUにTegra3を搭載。製造はAsusが担当した。7型で199ドル(8G)、$25分のPlay Storeクレジットを付けたのは、Fireを直接のターゲットにしたことを意味する。マイクロソフトのSurfaceに続いての新製品で、この市場はさらに過熱することになろう。この市場とは、デバイスとオンラインストア、それに広告。しかしビジネスモデルは一つだ。サービスの一貫性とエコシステムの多様性で勝負は決まることになるだろう。

アップルとアマゾンをライバルとするGoogleにとって、ビジネスモデルの中心に位置するのはデバイスではなく、Google Play Store(旧名Android Market、以下GPS)である。その価格はもちろん、前面カメラまで付いた魅力的なスペックも、『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』の原作E-Bookも、すべては、iTunesやAmazon.comではなくGPSで購買してもらうための仕掛けに過ぎない。だから、様々なメディアがそれぞれの視点でデバイスを論じるだろうが、本誌はコンテンツストアとしてのGPSを中心に見ていくことになるだろう。Googleはスマートフォンを出したが、デバイスもビジネスモデルも中途半端で成功していない。それでもタブレットを出したのは、コンテンツおよび広告市場のコントロールという戦略課題のために、またGPSを軌道に乗せるために独自タブレットが不可欠と判断したのだろう。言い換えれば、Androidのライセンス供与だけでは不十分で、アップル、アマゾンにキャッチアップできないということでもある。

しかし、Googleのこの方針は、同じく正規版Androidベースのタブレットを販売するサムスン、中国勢、ソニーなど日本勢を困惑させるだろう。この価格設定ではデバイスの利益率を減らすからである。それぞれが独自のストアとクラウドサービスを持っても、やはりうまくいく可能性は低い。デバイスメーカーはGoogleと提携しても得られるものは少なかったことになる。GPSのユーザーベースが増えることは、Androidアプリ開発者にとってはプラスだが、それはアマゾンでも同じことだ。結局、アップル、アマゾンに対抗可能なGoogleのビジネスモデルは、Nexus 7によってもまだ描き切れない。  (鎌田、06/28/2012)

Scroll Up