アマゾンが人物伝をKindleショートでシリーズ化

jesus-199x300インタビューをシリーズ化したアマゾン出版が、次にショート・バイオグラフィ(小伝)のシリーズ化を計画していることが明らかになった(8/14)。様々な時代と分野における歴史上の重要人物をコンパクトに取上げたもので、名の知れた著者の手で、新しい問題提起と知的刺激を提供することを目指している。最初の10点は今年12月から、隔月ペースで刊行していく。監修はベテラン編集者のジェームズ・アトラスとアマソン出版のエド・パーク。

シリーズは『イエス』(Jay Parini)でスタートする。「二千年余にわたり、私たちの集団的想像力と文化的イコノロジー(図像学)の中で中心的な位置を占めてきた人物は、刺激的な小伝シリーズの最初を飾るにふさわしい」と語り、この本で「神の人間的側面を考察し、人間が神話に変容するさまを劇的に表現してみたい。」と述べている。シリーズの意図は教科書的な知識をコンパクトに提供する人物シリーズではなく、明確かつ新鮮な視点を持った問題提起によって知的刺激を与え、より多くの本(あるいはコンテンツ)に導くというものと考えられる。伝記や研究書が三桁を超え、無償コンテンツも少なくないような有名人を扱う賢明なアプローチだ。

10点のシリーズでは、ポーやサリンジャー、ヘミングウェイ(作家)、ヒチコック、デビッド・リンチ(映画監督)、ゴッホ、ルシアン・フロイド(画家)、のほか、ハンナ・アーレント(思想家)、それにスターリンまであり、かなり幅広い。本シリーズが「安直」とは逆の方向で新しいスタイルをつくることを期待したい。 (鎌田、08/21/2013)

Scroll Up