カルフールがE-Bookビジネスに参入

nolim-book3世界的なスーパーマーケットのカルフール社(仏)は10月10日、独自のE-Reader “Nolim”を投入し、10万点以上のコンテンツを揃えてE-Bookビジネスに参入すると発表し、14日からフランスの230店舗の専用コーナーとオンライン(www.Carrefour.fr.)で販売を開始した。価格は標準タイプが€69.90、バックライト・タイプが€99.90。デバイスは Bookeenとの提携によるもの。

「書籍→∞」のアマゾンとE-Bookで対決

コンビニまで含めて4,500に及ぶ同社の店舗は、4つのカテゴリに分けられ、最大規模の「ハイパー・マーケット」と称する同社の215店舗では、平均200平米ほどのスペースで書籍の販売を行っている。13,000タイトル(うち新刊は5,000点)が販売され、年間販売数は年間1,100万冊。10兆円近い同社の売上の中では微々たるものだが、米国の OverStockと同様、書籍の通販を糸口に、着々と優良顧客を開拓していくアマゾンの脅威を感じ始めたものと思われる。

PHO3b49773c-31ac-11e3-9725-95bae4f84588-805x453書籍の一点突破から一般商品に展開していくアマゾン戦略に対し、“蟻の一穴”を死守するという戦略の成否だが、やはりオンライン・サイトでのデジタル・マーケティングの能力とサイトのUXデザインにかかっている。巨大な顧客ベースも、資金力も、店舗でのサポートも、E-Bookマーケティングのパフォーマンスを保証するものではない。Nolim は洗練されたデザインで知られる Bookeen製。ストアと読書環境はマルチ・プラットフォームをサポートしているので、PCやスマートフォンでも読める。今回の発売にはコンテンツ100点をプリロードして提供される。

フランスのE-Book市場は、アマゾンの独占ではなく、KindleとiBookstore、Koboが市場をほぼ三分し、これらで8割以上を占めているとされる。カルフールがどの程度割り込めるかは未知数だ。なお、アマゾンは競争の激化に対応してKindleのベースモデルの価格を€79から€59に引き下げた。 (10/17/2013)

Scroll Up