フランクフルトBFでデジタル出版アイデアを表彰

logo_transparentフランクフルト大学の起業支援機関、ゲーテ・ユニベータ―がフランクフルト・アカデミーと共催した「デジタル出版創造的アイデア・コンテスト」で3名が選出され、ブックフェアの会場で表彰状の授与式が行われた。以下は主催者によるプレスリリースの全文。日本から Project Beyond G3の構想が表彰されたが、これについては別に解説する。

デジタルパブリッシング・クリエイティブアイデア・コンテストの表彰者

【2013年10月10日、フランクフルト】 2013年Digital Publishing Creative Ideas Contest (DPIC) の最優秀提案3件がフランクフルト・ブックフェアで発表された。専門家からなる22名の審査員(リスト参照)は、提案されたアイデアの中から、(1)持続可能なビジネスモデル、(2)テクノロジーおよび産業の革新的利用、(3)社会的波及力、という3つの基準で、最も創造的とされた3つを選出した。(原文はこちら

interviewこのコンテストの目的は、デジタル出版における「大きなトレンド」を起す力可能性を秘めた新しい、創造的アイデアを見つけ出すためのもの、とFrankfurt Academy のマネージャー、ホルガー・ヴォランド(ブックフェア副社長=写真左)は述べている。CPICは、Goethe-Unibator(フランクフルト大学のインキュベーション機関)とフランクフルト・アカデミー(ブックフェアの一部門)の協力によって生まれた。

主催者は、世界各国から提案が寄せられたことを喜んでいる。選出された3件のアイデアは、ブックフェアに設営された HotSpotEReading 会場で発表された。表彰式はヴォランド副社長の司会で進められ、ゲーテ・ユニベーターのディレクターであるロベルト・ジカーリ教授 (Prof.Dott.Ing.=写真右) のショート・インタビューで始められた。教授は「この賞は、新しいアイデアが時間をかけて育つプラットフォームとなるでしょう。コンテストが、創造的アイデアを持つすべての人に開かれているのはそのためです。」と語り、ヴォランド副社長も「私はそのアイデアの多様さに驚きました」と述べた。

Interview4最初にドイツ、シュトゥットガルト市のアンドレアス・ドルマイヤー氏が登壇し、“YOUPublish” というアイデアを語った。「あなたがエキスパート」というコンセプトは、ユーザーを中心に置いたもの。対話型の旅行ガイドを例にすると、地図と写真サービス、ブログとソーシャルメディアを連携させ、様々なフォーマットで、旅行事業者が利用できるスマート・ガイドが現れる(資料はこちら)。

ceremony次にドイツ、ミュンスター市のフローリアン・スタール氏が、同僚のゴットフリート・ヴォッセン氏と共同で開発した "Book of the Future“というアプリに関連したアイデアを発表した。テーマ・ベースのE-Bookアプリの形態をとった知識集約プラットフォームが、二人の学生の間のアクティブな情報交換が審査員に強い印象を残した。Book of the Future“は、仮想学習支援サービスの拡張を志向したプロジェクトの名称で、小人数の環境ではなく、広汎な人々にアクセス可能なものとすることを目指している(資料はこちら)。

最後は、日本の東京から来た鎌田博樹氏が「フローリアンは未来を語りましたが、私は過去についてお話ししたい」と述べて、彼の「グーテンベルク以前の書物のための仮想読書環境の創造」というプロジェクトについて解説した。彼によれば、グーテンベルク印刷術の発明以来、出版の世界においてそれ以前の本との間に大きな断絶が生まれた。それは絵や書(カリグラフィ)といった(読むことにおいて)重要な要素を含んでいたが、不幸にして、これらは印刷本というフォーマットの中で失われてきた。新しい、対話的な読書環境を創造するためのニーズをリスト化することで、彼はグーテンベルク以前の書物に秘められた価値を再創造することを望んでいる(資料はこちら)。(当日プレゼン資料はこちら)。

ゲーテ・ユニベーターのロベルト・ジカーリ教授は最後に、「フランクフルト・アカデミーとの共同によりこのプロジェクトを実現できて嬉しく思います。これはデジタル出版分野における新しいテクノロジーを提示する興味深い方法です。」と述べた。

このイベントに関する詳細は、こちらのリンクを参照。(本リリースに関するお問い合わせは、Goethe-Unibator(Ms. Greta Zicari:greta<atmark>zicari.de)または本誌編集部まで)。

今年度の審査員は以下の通り。

Jörg Bartsch (BusinessAngelsRheinMain e. V.),
Dr.Björn Braun (Analyst, Gartner),
Dr. Matthias Donath (House of IT e.V. Hessen-IT, HTAI GmbH),
Dr. Dirk Frank (Goethe-Universität Frankfurt),
York Freiling (Hoppenstedt Rechtsanwälte),
Markus Gerlich (Freelancer),
Christian Hoppenstedt  (Hoppenstedt Rechtsanwälte),
Benoit Huet (Multimedia Communications Department, EURECOM France),
Dr. Reinald Klockenbusch (Direktor Sozialwissenschaften, NachschlageWissen & Forschungspublikationen Springer Science+Business Media),
Andreas Lukic (Managing Partner, ValueNet Capital Partners GmbH),
Werner Spengler (Senior Principal Consultant, Namics (Deutschland) GmbH),
Marco Piskurek (Marketing Consulting & Strategic Planning),
Shirly Pugh (SPMJ Technology Consulting UK), Friederike von Rodde (Freelancer),
Marten Rosselli (Consultant, Accenture),
Prof. Dr. Jörg Scheidt (Professor, University of Appliend Sciences Hof),
Manuela Schiffner (Direktor, Zentrum für Kreativwirtschaft, Wirtschaftsförderung Frankfurt GmbH),
Dr. Markus Solf (famPlus GmbH),
Dr.Manfred Spindler (Business Angels FrankfurtRheinMain e.V.),
Prof.Dr. Roser Valenti (Professor, Goethe-Universität Frankfur),
Holger Volland (Vice President Conferences and Entertainment & Media, Frankfurt Book Fair),
Dirk W. Weipert  (Managing Director,  The MediaLab GmbH & Co. KG)

フランクフルト・アカデミー(フランクフルト・ブックフェア)

FBF_academyカンファレンス、ワークショップ、研修、専門家会議、提携イベントなどを通じ、指針と交流機会を提供する。国際的なメディア・エキスパート、出版人からなるネットワークを通じて、コンテンツの創造と利用のあらゆる側面にアプローチしている。

ゲーテ・ユニベータ―(フランクフルト・ゲーテ大学)

logo_transparentフランクフルト・ゲーテ大学は、知識企業の経営とともに、現代における起業家教育の確立支援を重視している。ユニベーターは、理論と実践において、独自の野心的な事業の樹立を願う学生や起業家に対する積極的支援を提供するために設立された。

利用を希望する学生にはオフィス設備や部屋が提供され、大学のネットワークを利用して事業構想を開発・実験する機会が与えられ、他方で提示された基準に適合することが求められる。ゲーテ・ユニベータ―の目的は、概念段階から堅固な事業計画を意識することによる、ビジネス構想の実現に置かれている。

Trackbacks

  1. […] 今年のフランクフルト・ブックフェアの Digital Publishing Creative Idea Contestで表彰された(→リリース)。本サイトでも取り上げてきた「和本プロジェクト」(Project Beyond G3)の最初の対外的成 […]

Scroll Up