Yahooとアドビが広告ソリューションで提携

YCS2ヤフー(ジャパン)とアドビ日本法人は2月14日、広告におけるクリエイティブ制作分野で業務提携したことを発表した。アドビの協力のもとに広告制作・管理環境「Yahoo!クリエイティブスタジオ」を開発し、今春をめどに提供開始する予定。広告主とクリエイティブ、配信プラットフォームの緊密な連携とスピードを要求されるために導入が容易でないデジタル広告を普及させるものとして注目される。

リリースによれば、「Yahoo!クリエイティブスタジオ」はアドビのデジタルマーケティング・ソリューション Adobe Experience Manager (AXM)のデジタルアセット管理システムをベースに構成される。Adobe Creative Cloud (ACC)も併せて提供されるので、ACCの最新アプリケーションを使った広告制作が可能だ。ワークフロー的には、Yahoo!JAPANの広告審査情報や広告配信の結果測定システムを加え、1つの広告制作・配信・効果測定プラットフォームを構成する。また、Yahoo! JAPANの保有するビッグデータやメディアとしての知見を活用し、広告開発者を支援するとも述べている。

Adobe_MCパッケージ化されたサービスを利用するには、AXMとACCの利用料金が必要となるが、ACCのユーザーにはAXMを追加することで利用できるようだ。まず今春をめどに法人向けに提供開始し、年内には個人事業主のクリエイターにも提供したい意向。

動的・対話的なデジタル広告は巨大な可能性を持ちながら、普及は遅々としている。広告主、クリエイター、マーケッター、メディアが、それぞれ同時にこの新しい広告コミュニケーション・パラダイムに適応しなければならないためだ。印刷物を中心に組み立てられてきた従来の広告のエコシステムとワークフローを動かしながら新しいプロセスを個々の現場で開発していくのは、現実的には困難だ。また、リッチ・コンテンツについては、媒体ごとに違うフォーマットが要求されることも障害になる。ツール/ソリューション会社とWebメディアの協同による「Yahoo!クリエイティブスタジオ」は、こうした課題にアプローチしている。技術的詳細などについては別に取り上げたい。(鎌田、02/20/2014)

参考記事

Scroll Up