慶應SFCにPublishing@W3Cの活動拠点を設置

EPUB_logo-280x150W3Cのアジアにおけるホストの一つである慶應義塾大学SFC研究所と出版大手4社および出版デジタル機構は6月27日、EPUB規格を中心に、共同で未来の出版に関する研究をおこなうAdvanced Publishing Laboratory (APL)の設置で合意したことを発表した。2年間の時限プロジェクトで、日本におけるPublishing@W3Cの活動の拠点になることが期待される。

出版のOpen Webパラダイムに対応

APLの活動内容は主に4点が挙げられている。

  • W3Cにおける現在のEPUB規格の維持管理、次世代規格の標準化への貢献
  • 日本の出版文化の海外への紹介、海外のデジタル出版技術の国内への紹介
  • 出版の知識と最新デジタル技術に関する教育プログラムの展開
  • 技術・知識を生かして国際的な市場で活躍できる人材の育成

Publishing@W3Cは、Publishing Business Group (PBG)の下に、Digital Publishing Interest Group (DPIG)、Publishing Working Group (PWG)とEPUB3 Community Group (EPUB3-CG)の3つの組織を置いているが、APLの活動もこれらと対応したものとなると思われる。理想的には、ニーズの整理と集約、仕様の策定、標準のメンテナンスと普及という3つの機能に対応した構成をとるのが望ましい。

SFC日本はEPUB3において、少なくとも2つの重要な貢献をした。一つは多言語表現(Advanced Adaptive Layout)であり、いま一つは(EPUBがW3C仕様を土台としたことで)W3Cとの合併の先駆けをなしたことである。どちらも(日本のためにやったことが世界のためになったとはいえ)誇るべきことで、Publishing@W3Cでも「ハバを利かせられる」のに、IDPF時代と同様(あるいはそれより)控えめなのが気になっていた。それは、テーマとヒトとおカネが揃っていないことを意味しているからだ。

APLが日本における標準化活動の核となることは、あらゆる面から期待できる。しかし、そのためには活動のテーマと優先順位を決め、十分なスタッフと資金を調達する必要がある。もちろん、戦略が必要で、W3Cで「未来の出版」のビジョンやロードマップを提案する立場になるべきだろう。多言語表現仕様では日本がリーダーとなったが、紙とインクで閉じていた伝統的な出版はローカルなもので、W3Cとの統合問題でもみられたようにアイデアに乏しい。「未来の出版」は待つものではなく、創造すべきものだ。 (鎌田、07/04/2017)

Send to Kindle
Pocket

Share
Scroll Up