Onix Booxに 楽譜リーダ ‘e-Music Score’

onyx-boox-e-music-scoreE-ReaderのOnyx Booxシリーズを販売している中国の Onyx Internationalは、初の楽譜リーダー 'e-Music Score' を発表した。13.3型の画面を持った MAX2 をベースに128 GBの記憶領域を増強したほか、Bluetoothで繋がれたフットペダルでページめくりを指示する。パネルはE-Ink Cartaを使用し、2200 x 1650 pix (207 PPI)。

日本製GVIDOに対抗製品

music sheetインタフェースは、タッチスクリーンとWACOM+スタイラス。プロセッサは1.6 GHZ のクアッドコア、2GB RAMと標準的だが、128 GBストーレジを確保し(SDスロットはなし。OSは Android 6.0なので現在のGoogle Playアプリは問題なく使える。ヘッドホン・ジャックがあるのでA-Bookを聴くことができる。サイズは 325/237/7.5mm、重量は550g、価格は未発表。写真で見ると90度回転させた画面で楽譜が横長で表示されている。

Gvido2楽譜リーダーとしては昨年発売された日本製の「GVIDO」がある(製造はVAIO)。これは見開き2画面の豪華なもので、フットスイッチやスタイラスもあり、米国価格は1600ドル(約18万円)。2画面ながら重量は660g。それとの関係では 'e-Music Score' は1,200ドル以下でなければならないと思われるがどうだろうか。 (鎌田、04/12/2018)

Print Friendly, PDF & Email
Send to Kindle
Pocket

Share