Web時代のブックビジネス ─ 本/著者/読者に何が始まったか 目次

Web (World Wide Web)は公共空間となり、ハイパーリンク/参照を普及させ、多様な情報スペースとして人々の生活に定着した。「本」をめぐる環境(デジタルによる記録・再生・更新、販売)が変化する中、最古のメディア・ビジネスである「出版、本/ブック」はどう変わったのか、Web世界とどう関わっているのかを考察する。


ストアで見る

『Web時代のブックビジネス ─ 本/著者/読者に何が始まったか』
(Kindle以後10年シリーズ第2巻の1)

はじめに

第1章 Webと読者の登場

1-1. オンラインという「生活」情報空間
オンライン (Web)が人々の生活を変えた 本を燃料とする社会の「永久機関」
1-2. Web時代で主役となった「読者」
アマゾンの重層的、同心円的読書空間紙からコンテンツへ:デジタルの果実

䷊ コラム アマゾンは20年で出版の何を変えたのか?

第2章 Webとは何だったか

2-1. フラー・ドーム
地球は初めて球体として意識された。 三角形がつくるコミュニケーション
2-2. バーナーズ・リーの本
20世紀最大のテーマ:自然と人間 バーチャルな世界図書館:「バベル」を超えて
2-3. 人それぞれの夢
UX(ユーザー体験)の時代 Google「スキャン」のAI世界

第3章 王様のいない世界: 版からWeb、権威よりサービス

3-1. Webが消失させた知識・情報との距離
版は立派で高価、重く、遅い、王様だから。 Webコンテンツは隣にあり、速い。
3-2. ソフトウェア(+データ)となった本と出版
「版」の3つの卓越性はWebで相対化された読者こそ「王様」だった
3-3. サービス価値としての本と販売
Webの新ルール:顧客は生きた価値としての個人 まとめ:出版の「本質的価値」とは何か ビジネスモデルとしての顧客体験

䷊ ブレイク 読書と共有

版から生まれた栄光と悲惨の550年 クリエイティブ・ビジネスの矛盾 ●版の経済 1人の読者、1冊の本から仰視する「下から目線」ビジネス 価値の逆転 泣いても笑っても…

第4章 バーチャルが拡張した出版の「新秩序」

4-1. 広がるアマゾンの世界
在来のリアルとデジタルをバーチャルで統合 「バーチャル」とは何か?:虚と実は表裏一体として機能する 基本原理:システム工学とユーザー体験 (UX) プロセスとルールが透明で非恣意的な「バーチャル」
4-2. まとめ:出版の何が変わったのか
Web+本の銀河 Kindleとは何だったのか

䷊ ブレイク バーチャル=実効(≠仮想)の時代

1.「パッケージ・ソフト」と百科事典!?
目の前から消えたもの モノの世界から情報=実効(バーチャル)の世界へ
2. 21世紀の入口「バーチャル」でさ迷う
バーチャルはリアルである!? リアルが「リアリティ(現実感)」を失った時代 言葉は「文系」か「理系」か?
3. バーチャル化した本の世界
ソフト・サービス・コンテンツ バベルの塔の日本の「縦組み」がなぜEPUB3に入ったのか

第5章 Googleとアップル、アマゾン

5.1 読書をWeb上に拡大したアップル、本を「脱構築」したGoogle
アップルは20世紀最後の偉大なイノベーターだった 数学の実用化革命 知識・読書・出版をバラバラにする発想!
5.2 本の一体性と読書体験を守ったアマゾン/Kindle
5.3 Googleショックとは何だったか
コンテンツの脱構築と知識における遺伝子組換え 本の「別の価値」とは? 本の知識の「工業化」

䷊ コラム オーディンの二羽のカラス: 記憶と思考

本から出る「知識」頭脳の外の「思考」 作品としての書物・原材料としての書物 デジタル/モバイルへの移行を優先したアマゾン アップルに別の可能性はあったか?

䷊ コラム アマゾン・ビジネスモデルの秘密

1. The First Thingは本以外ではなかった 2. 弾み車を動かすUX駆動とキャッシュフロー経営 3. 競争相手を恐れない自信、顧客を恐懼する冷静さ

むすび


Kindleストアで発売中。弊社E-Book2.0 ForumストアでもPDF版を販売します (4/8より。本誌会員は割引です)。

Speak Your Mind

*

Scroll Up