Kindle Oasis最新版で調光機能搭載

アマゾンは6月19日、Kindle Oasisの最新版を発表し、予約を開始した。最新のe-ink と色調調節ライトを採用した300ppi の高解像度7型画面を採用したのが最大の特徴で、8GBモデルが29,980 円(税込)、32GB が32,980円。防水機能などその他は前世代を継承している。出荷は7月24日を予定。なお、Audible/Bluetoothは搭載していない。

7型軽量最高級モデルが3万円

7型1680 x 1264/300ppiのE Ink Carta HDパネルは、最高品質のもので、当面はこれ以上はないもの、今回新たに開発したのは、色温度調光システムで、上下の溝に25個のLED(白色12個+橙色13個)を均等に配置したフロントライトによって色温度を理想的なものに調整することが出来る。色調調節ライトは、時間設定機能を利用すれば日の出や日の入りの時刻にあわせて自動調整が可能。

パネルの眼精疲労対策は、カラー液晶を含めて最近のディスプレイで重視されてきたことで、KoboやNookでも採用されていた。しかし、調光機能の完成度には差があり、Kindleのソフトウェア技術は数年をかけた実験を通じて改良されてきたものと言われる。 (鎌田、06/10/2019)

 

Scroll Up