Vol.4, No.1, 19/09/2013

2013年9月19日 通巻157号|♥=会員向け記事(有料)|ログイン

ANALYSIS & COLUMN

読書大国ロシアは未来の出版大国になるか

russia_2small-280x150ロシアのE-Book出版社で組織するオンライン出版社協会は、E-Book市場に関するレポートを発表し、2012年の売上が800万ドルと倍増したことを明らかにした。しかし、額としてはわずかなもので、ロシアの出版市場の1%でしかない。デバイス市場(推定2,000万ドル)と比べてもアンバランスだが、その間にはやはり「違法コピー」が存在する。


堅実にデジタル転換を進めるドイツ出版界

tolino-shine_1260-280x150アマゾンは9月から、ドイツでのKindleベーシック版の価格を49ユーロ(≒6,500円)に引き下げた。他の欧州諸国ではまだ€79で販売されているが、ドイツでは3ヵ月前に€69で販売されていた。一段の値下げは、ドイツにおけるE-Book市場が活性化し、競争が激化したことを反映していると考えられている。最近の状況を確認してみよう。


デジタル読書にハマるロシアの子供たち

Russia_children-280x150Digital Parenting Russia プロジェクトは、ロシアでインターネット・ポータルを提供する Tvidi.Ru の後援の下に、7-15歳の少年少女を対象に、この世代のデジタル読書習慣について調べた興味深い調査結果を発表した(→英文PDF)。生徒の75%は宿題にE-Bookを利用しており、とくに専用E-Readerが好まれている。驚異的ともいえる普及率は、反面で海賊版(非正規コピー)の大流行という現実と一体になっている。


NEWS & COMMENTS

EPUB3による新世代教育出版プラットフォーム

WB_logo-280x150米国シカゴに本社を置く教育出版社 World Book は9月17日、直販型E-Bookプラットフォーム、World Book eBooks を発表した。20あまりの同社のマルチメディア教材、レファランス・コンテンツを統合的に提供できる。購読制のサービスは、自動的にコンテンツの改訂や新刊の提供を行う。出版社による直販は、最も注目されているビジネスモデルだ。


英国の調査が明らかにしたKindle独占

market_leader_150-280x150英国オフコム(情報通信庁)の委嘱を受けて調査会社の Kantar Media が行ったデジタル読書に関する調査で、アマゾン Kindle が79%のシェアを持つことが明らかになり、関係者を愕然とさせている。2位のアップル iBookstore が9%、Google Play が6%、WH Smithと組んで奮闘している Kobo も5%で、10%に達したものはない。


EDITORIAL

考えるメディア-EBook2.0 Magazine3年

3_Year2通巻で157号目にあたる本号で創刊3周年を迎えることが出来ました。 より構造化され、見つけやすく、対話的なサイトを意図した更新もほぼ完成に近づきつつあり、またE-Bookフォーマットとの統合を進んでまいります。今後ともよろしくご愛読のほどをお願い申し上げます。


CLIP BOARD

Scroll Up