オーディオブックまたも米国出版社を救う

米国出版社協会 (AAP)は、会員1,375社分の2018年販売実績を発表した。かつては米国出版界を代表した在来の大手・中堅出版社で、AAPに売上情報を提供している企業という限定付だ。売上は前年比4.6%増の78億3610万ドル(8,620億円)。紙は堅調、E-Bookは生彩なく3.6%減だが10億ドルを確保。A-Bookは37.1%と躍進を続けている。デジタルの合計は約19%。 … [Read more...]

没落する紙、付き合うデジタル:平成30年の出版

出版科学研究所は1月25日、『出版月報』1月号で2018年(1~12月期累計)の出版市場規模を発表した。紙(書籍・雑誌計)は5.7%減の1兆2,921億円。デジタル市場は前年比11.9%増の2,479億円。全体で1兆5,400億円で、デジタルが紙の減少幅を緩和したことになる。デジタル比率は16%で前年から2ポイントあまり増えた。 … [Read more...]

ビジネスモデルを確立したOpen Road (♥)

バックリスト・タイトルの販売で最も成功したデジタル出版社として知られる Open Road Integrated Media (OR/M)は1月23日、出版社向けに提供を始めたマーケティング・サービスが2.5倍に拡大したことを発表した。2018年は30社以上の6,100タイトルを扱い、WSJやアマゾンのベストセラー・リストに数点をランクインさせている。 … [Read more...]

Wattpadの「AI駆動出版」(♥)

英国の出版情報誌 The Bookseller (2/4)が、Wattpadの新しい出版部門Wattpad Booksについて同社のアシュリー・ガードナー氏にインタビューをしている。小説投稿サイトが出版に向かうのは自然だが、Wattpadは巨大なコミュニティを持ちながら、なぜ異常なまでに長い時間を費やしたかに注目が集まっている。[全文=♥会員] … [Read more...]

「再販制は死んだ。出版万歳!」

アマゾンジャパンは1月31日、取引出版社(現在約3000社)との間で「買切条件で仕入」、同時に「自動発注システム」を全商品に対して試行するという新方針を記者会見で発表した。返品率を現在の20%から引下げるのが目標というが、在庫品の値下げ販売(協議制)を含んでおり、事実上の「卸販売」への移行を意味する。 … [Read more...]

Wattpad出版の狙いはアマゾン対抗!?

Wattpadは1月24日、映像制作の Wattpad Studiosに続いて初めての出版部門となるWattpad Books の創設を発表した。E-Bookのほか、印刷本は北米の大手書店チェーン(IndigoやBarnes and Noble)でも販売されるという。YA向けとなる最初の6タイトルは、Wattpadで高い人気を博したコンテンツで今秋発売される。 … [Read more...]

「作家の収入激減」の犯人:(2)時代?(♥)

残念ながらTAGの調査は、設計からデータ・チェックまでの厳密性に欠け、会員の窮状は窺えるものの、結論(「アマゾン悪い!」)への飛躍が大きすぎて説得力に欠ける。出版社に依存した伝統的な職業作家の生活が悪化しているのは確かなので、調査のフレームワークを再考する必要があると思われる。とくに著者自身の選択肢と「戦略」だ。[全文=♥会員] … [Read more...]

「作家の収入激減」の犯人:(1)アマゾン?

米国作家協会 (The Authors Guild)は先週のレポートで、作家の収入減の原因の大半はオンライン書籍市場の72%を占めるアマゾンに原因があるとして非難した。同社は1月16日の声明で、これに真っ向から反論し、TAGのレポートはデータ解釈の誤りによって誤った結論を導いていると述べた。著者の「戦略」によって生じる違いを無視しているという主張だ。 … [Read more...]

出版界から予想が消えた理由 (♥)

2015-6年を境に、米国の出版界は新旧の2つに分裂した、と本誌は考えている。旧世界はデジタルを忘れることで時間を止めようとした。紙と書店の健在がニュースとなり、デジタルで憂鬱な未来予想は出版系メディアから消えていった。その結果、共通の話題としての年末恒例の行事が消えたのだ。[全文=♥会員] … [Read more...]

2019年の10大予想 (1):予想の終焉?

数年前から、米国でも出版の「10大予想」的記事は激減しており、それらを下敷きにコメントしてきた本誌も頭を悩ませていた。理由を説明するのは簡単ではないからだ。唯一発見したのがWritten Word Media (WWM)のリッチ・ウルマンCEOの予想である。とても考えさせられ、参考になったので、ご紹介しておきたい。 … [Read more...]

2018年の誌面から:出版の再構築 (♥)

[EB2 Magazineマンスリー・レビュー 1月号] 昨年の本誌アクセスランキング1位は、ちょうど1年ほど前に書いた「近づく旧出版エコシステムの解体」(01/04)だった。2017年の国内出版物(書籍+雑誌)の販売額が前年比で過去最大の落ち込み幅(7%減の1兆3,700億円)となったデータにコメントしたものだ。その後を別の観点から振返ってみよう。 ※マンスリー記事は会員向けです … [Read more...]

E-Book価格戦争小史(1):10年戦争

出版社が書店と協力して知恵を絞り、読者を開拓するという光景は久しく見ないものだった。これほど待望されたものはない。これが「休戦」ではなく「和解」であることを期待しつつ、これまでの「10戦戦争」を振返ってみたい。それは出版ビジネスが版をめぐって展開する者から別のものに変ったことを示していた。 … [Read more...]

「出版」はいかにして復興するか:ロシア (♥)

ロシアでは、大規模書店チェーン(ネットワーク)の合併で、流通主導の市場拡大が進行している。これまではオンラインが成長の鍵を握るという見方が強かったが、これまでインフラの整備が遅れていた書店=印刷本市場が成長機会を与えられたことが理由のようだ。伝統的な「読書大国」の成長は、ビジネスを超えた本の力を示している。 … [Read more...]

メディア「読書欄」の変容と復活 (2) (♥)

ニュース系出版社が、本との関係を変えるきっかけとなったのは、マスメディアの地位が低下し、Webの影響力が上昇したことだ。しかしWebにおいても、持続的に影響力を増しているノードが「本」である。出版社は読者と彼らの活動をつなぐのは、自分でも信じられない「ニュース」ではなく共通のノードであることを知った。[全文=♥会員] … [Read more...]

メディア「読書欄」の変容と復活 (1)

米国の主要メディアが競って「読書欄」を拡張している。本の市場が急に活性化したわけではない。それどころか、景気も出版も停滞し、余暇の読書は減少し、フィクションは売れない。暗い気分が広がっているのだが、これはどう考えたらよいのだろうか。コロムビア大学の評論誌CJR (12/03)では、ライターのサム・アイクナー氏が考察している。 … [Read more...]

Scroll Up