アマゾン出版が大ベストセラー著者の次回作を獲得

アマゾンは8月16日、5月に立ち上げたアマゾン出版(AP)が、ベストセラーの『4時間』シリーズの著者で、日本でも知られるティモシー・フェリスの次回作、“The 4-Hour Chef”の版権を取得したことを発表した。APは、自主出版のKDP (電子本)、CreateSpace (印刷本)に続く本格出版(つまりエージェント経由の)ビジネスだが、一流著者の獲得は困難との世評を覆したことになる。『4時間シェフ』は、印刷本のほか、拡張E-Book、オーディオ・フォーマットで製作され、発刊は2012年4月の予定。 … [Read more...]

カニバリズムは神話だった:米国出版市場は持続的成長

米国出版社協会(AAP)とシンクタンクのBISGが始めた新しい包括的な出版統計サービスBookStatsの最初のレポート(有料)が8月9日発表され、主要な数字が明らかにされた。最も注目されたのは、米国の書籍出版が2008年以降、E-Bookの急速に拡大する中で、全体としてどうなったかということだったが、不況下の2年間で5.6%と低いながらも着実に成長していたことが示され、少なくともマクロではE-Bookが出版業界にとって貴重な商品であることが確認された形となった。 … [Read more...]

エージェンシー価格制でアップルと大手版元5社を集団提訴

E-Bookのエージェンシー・モデル(元売りが小売価格を決定する代理販売制)は、独禁法上の問題も調査されているが、8月9日、アップルと“ビッグシックス”の大手6出版社に対して、北カリフォルニア地区連邦地裁に集団訴訟(クラス・アクション)が提起された(→リリース)。法律事務所のハーゲンス・バーマンが窓口となったもので、被告が共謀してアマゾンなどによる割引販売を不可能にして小売価格を引上げ、消費者の利益を損なったというもの。詳細はこの文書で知ることが出来る。 … [Read more...]

E-Bookの価格決定問題:実験と分析 (♥)

E-Bookは徹底的にマーケット指向の商品であり、いくら価格を機械的に固定しようとしても、最適価格の追求は止めることが出来ない。出版社もオンラインストアも売上を最重視し、売上=利益はリアルタイムで計算できるからだ。4年あまりの米国での「社会実験」の結果、価格についてかなりのことが判明してきた。重要なことは、昨年はアップルとともにエージェンシー価格制の徹底に動いた大手出版社が、今年は姿勢を緩和し、市場から学ぼうという意識を持つようになったことだ。油断のならないパートナーであるアマゾンとともに。[全文=♥会員] … [Read more...]

Pages: 1 2

米国SF誌がフリーミアム・マーケティング

60年以上の歴史を持つSFとファンタジー小説の専門誌Fantasy & Science Fiction … [Read more...]

ペンギンのE-Book事業が128%増と躍進

ピアソン・グループ傘下のペンギン社は、2011年上半期の決算を発表、グローバルE-Bookビジネスの売上が前年同期比で128%の増加を見せ、総収入の14%を占めたことを明らかにした(→リリース)。作品としては、トム・クランシーのAgainst All Enemies、キャスリン・ストケット(Kathryn Stockett)のThe Help、ジョシュア・フォーアのMoonwalking with Einsteinなどが記録達成に貢献した。しかし、ペンギン全体の売上は4%下落した。2010年通期はほぼ増減なかった。 … [Read more...]

E-Bookがペーパーバック版の刊行を早める

米国の経験によっても、E-Bookと印刷本の数字には相関が見いだせていない一方で、E-Bookの伸びとペーパーバック(PB)の減少の間には顕著な相関がありそうだ。しかしこれも早合点で、現在のように、新刊ハードカバーと同時に発売される電子版とPB版の間に12ヵ月もの時間差があっては比較のしようがない。消費者の間にPBへの根強い需要があるのに、これを無視し続けた結果PBへの需要が電子版に流れている可能性は否定できないからだ。New York Timesのジュリー・ボスマン記者は7月26日の記事で、PBの刊行時期を早める出版社の動きを伝えている。 … [Read more...]

2011年前半、米国のE-Bookは前年比2.6倍

米国出版社協会(AAP)は7月21日、加盟出版社の2011年前半(1-5月)の販売統計(卸販売額)を発表し、E-Bookが前年同期比で160%上昇したことを明らかにした。ペーパーバックとハードカバーはともに20%前後の落ち込みとなった。E-Bookは3億8,970万ドルで、成年向けハードカバー(3億8,620万ドル、-23.4%)を抜き、同ペーパーバック(4億7,310万ドル、-17.9%)に迫りつつある。オーディオブックDL(3,650万ドル)も17.0%増で、デジタル商品は出版社にとっての主要商品としての地位を固めつつある。 … [Read more...]

マグロウヒルCampusが大学LMSとの統合を完成

米国の専門書出版社マグロウヒルの教育部門であるMcGraw-Hill Educationは、同社のMcGraw-Hill Campusプラットフォームと大学の学習管理システム(LMS)との接続を完了し、教授や学生が各大学のLMS環境からワンクリックで同社の教材コンテンツにアクセス可能になったことを明らかにした。学術・教育出版分野ではサービス化、システム化の傾向が顕著で、大手出版社やオンライン書店は独自プラットフォームとユーザー環境との統合と取組んでいる。 … [Read more...]

ゴランツがSF Gatewayで既刊本復刻シリーズ企画

前号でSF百科事典プロジェクトについてお伝えした英国オライオン社のSF&Fブランド、ゴランツは7月19日、SF専門のE-BookWebサイト、SF Gatewayを今秋スタートさせることを発表した(→リリース)。同社の既刊本のほか、数千点もの古典的なSF作家の絶版本をE-Book化して販売することを目ざしており、当初は1,000点でスタート、来年末には3,000点、2014年には5,000点以上を揃える計画。もちろん、これにSF百科事典第3版(オンライン版)がコンテンツとして加わることになる。 … [Read more...]

「突然のベストセラー」に即応したE-Book

サイモン&シュスター社が7月12日に刊行した、誘拐事件の被害者ジェイシー・ダガードさんの回想『盗まれた人生:ある思い出』(A Stolen Life)が、1日の売上としては最高の17万5,000部に達し、うち半分がE-Bookであったことが明らかになった。出版社側としては予想外で、特別なマーケティングや販促の体制を取っていなかったが、ABCによるTVインタビューが放映された直後から予約が殺到し、現在アマゾンのトップ100で首位を快走。米国の関係者は、即時性とアクセス性というE-Bookの利点が実証された事例として注目している。デジタル版を同時発売することの優位を実証するものでもある。 … [Read more...]

SF百科事典第3版で注目の“無償”ビジネス (♥)

英国のオライオン社(Orion Publishing Group)は7月5日、SFにおけるリファランスとして最も権威のある『SF百科事典第3版』(ベータ)を、同社のSFブランド、ヴィクター・ゴランツ(Victor … [Read more...]

ハリー・ポッターと魔法の「完全自主出版」 (♥)

J.K.ローリング女史が Pottermore という専用サイトを開設して『ハリー・ポッター』の全巻 E-Book 版+αを直販していく計画を6月23日に発表し、出版界に大きな波紋を生んでいる。それは過去最大規模のこの電子出版プロジェクトが、(事実上)出版社はおろか書店さえも通さず、アマゾン、アップル、 Google も無関係という完全「自主」型のものだからだ。とうとう作家が自主出版・自主販売する時代がやってきた。これを例外中の例外と考えたい人は多いだろうが、そうとは思えない。一般化できる合理性があり、しかも「完全自主」を選択肢として持つ作家の立場はますます強くなるからだ。[全文=♥会員] … [Read more...]

Pages: 1 2

E-Reader用地図帳が無償で

読書の際に地名・地図を確認したくなる機会は少なくないが、eBookMaps.comは、多くのE-Readerに対応する無償の世界都市地図帳コンテンツの提供を始めた。Kindleで使用するmobiとその他多くのE-ReaderでサポートするEPUBの2つのフォーマットで提供され、現在は世界200あまりの都市(米国、欧州、アジア、アフリカ、豪州、南ア)をカバーしているが、日本は含んでいない。 … [Read more...]

ハーレクイン社がE-Bookの印税引上げ:競争激化か?

E-Bookに最も早くから取り組んできたハーレクイン社は6月24日、著作権料率の改訂を発表し、2012年1月1日以降、印税率を実質的に値上げし、純販売収入に対して、シリーズ作品で15%、単発作品で25%をそれぞれ支払うと発表した。これまでは定価に対する印税率で計算されてきたが、今後は販売部数などの透明度の高い数字が著作者に提供される。既存の契約を維持したい著者に対しては、これまでの条件が維持される。 … [Read more...]

Scroll Up