スマート・スピーカ利用の読書ガイド

サイモン&シュスター社 (S&S)は、音声駆動スマート・スピーカー(VASS)を使った著者別読書ガイドを開始した。作家スティーブン・キングの傑作スリラー56篇のさわりが聴けるもので、アマゾンAlexaとGoogle Voiceが対象となる。S&Sのナレーター、ジェレミー・ボブが用意された質問を読み、ユーザーの答をもとに、読書リストを提示する。 … [Read more...]

チャットボットの課題:(1)「便利?」「うざい?」

AIを使った本のレコメンデーションは、10年以上の運用実績がある。対話式のチャットボットが米国の大出版社のサイトに登場したのは最近だが、運用についての情報がないのが気になっていた。Good eReader (06/10)のマイケル・コズロウスキ氏の記事は、その後の動向を追った貴重な情報となった。ボットは使えているのかいないのか? … [Read more...]

CrimeFest 2018 と読書の「公共空間」

犯罪/推理小説の「母国」とも言える英国西部の港町ブリストルで、5月17日からの4日間、その名もCrimeFest 2018 国際犯罪小説会議 (International Crime Fiction Convention) が開催され、作家からファンまで集めて盛況裡に行われた。読書空間を支えるオーディエンスという存在を考えるよい機会だ。 … [Read more...]

iBooksが引退、Apple Booksに交替

アップルは6月4日、WWDCにおいて次期 E-Bookアプリに関して発表を行った。iOS 12のリリースと同時にブランドをApple Booksに改名、ライブラリ・ヴューを改訂するとともにオーディオブック・セクションを新設としている。2010年以来の「クラシック」な iBooksに対して「クール」な印象だが、読みかけの本/ページをすぐに表示できるなど操作性も改善された。 … [Read more...]

声で気をとり戻すBook Expo America

ニューヨークで先週末 Book Expo America + BookConが開催された。人気作家やコメディアンがトークショウを繰り広げるなど、ポップ・イベント色が強くなる中、基調講演ではB&Nのオーナー、レン・リッジオ氏が意気軒高な姿を見せるなど、ともかく「健在」を確認するだけでも意義がある。日本ではブックフェアが再開できない苦しい状態が続いている。 … [Read more...]

コンテンツとガジェットを考える(♥)

Koboが5月29日、300 ppiの6型標準機のE-Reader、Kobo Clara HDを世界発売した。日本では13,800円(+税)で予約開始している。CPU (1GHZ Freescale Solo Lite)の増強、RAM=512MB、内蔵8GBと強化されたほか、明るさの自動調整やファームウェア更新によるUX改善など標準的な改良が進んだ。300 ppiクラスが標準化されたことで少し市場に変動がありそうだ。[全文=♥会員] … [Read more...]

大物女優がAudibleと提携事業 (♥)

米国の女優兼製作者のリース・ウィザースプーン (42)が、Audibleと提携して、オーディオブック・シリーズを制作すると発表した。自身が主宰する Reese' s Book Club (RBC)の推薦本を短期のシリーズでオーディオ化していくもので、米国女性に多大な影響力を持つリースとの独占契約に発展するかどうかが注目されている。[全文=♥会員] … [Read more...]

HBGがアマゾンと音声駆動コンテンツを共同開発 (♥) 

アシェット社(HBG)は、アマゾンと提携して新しい形式の音声言語コンテンツを開発することで合意したと発表した。Alexaおよび子供用の Echo Dot Kids Edition を使った対話的音声コンテンツは、'Classroom 13 Skill' と呼ばれる冒険物語は、オネスト・リーとマシュー・ギルバート共著の人気絵本を元にした作品で、リーが語りを務めると言われる。[全文=♥会員 5/31まで無料公開/400号記念] … [Read more...]

進化するホテルのメディアサービス

高級ホテルやブティック・ホテルにメディア・プラットフォームを提供している米国の KEYPRは、Scribdと提携して、定額でのE-Book配信サービスを利用できるサービスを始めた。宿泊客は、最新のベストセラーE-Book/A-Bookタイトルを始めBusinessweek、TIME、People、WSJのような雑誌、新聞を読むことが出来る。 … [Read more...]

北欧に欧州最大のオーディオ・ストア

ヨーロッパの大陸圏で最大のオーディオブック・サービス Storytel(瑞典) は、同じく2013年創業で定額制サービスの Mofibo (丁抹)を1,330万ドルで買収した。前者はストックホルム、後者はコペンハーゲンでともに北欧や東欧を市場として急成長している。音声言語の分布は文字言語よりさらに複雑だが市場の多様性に対応した体制ができることが期待される。 … [Read more...]

EPUB3 標準DRM実装ソリューション(♥)

E-Readerを含むソリューションを提供するフランスのスタートアップ Teaが、EPUB 3のDRM標準を利用してビジネスを拡大している。このプロジェクトは CARE (Content & Author Rights Environment)と呼ばれ、標準DRMをサポートする。また来年にはこれを実装した Webreaderの発売を予定。標準がビジネス/サービスの可能性をつくる良い例と言えるだろう。[全文=♥会員] … [Read more...]

アマゾン・ビジネスモデルの秘密

アマゾンのジェフ・ベゾスCEOが、2018年のアクセル・シュプリンガー賞を受賞した際のインタビューで、「なぜ本から始めたのか」という質問に答えている。筆者も『Kindleの十大発明』で自分なりに考えてみたので、この問題には関心が深い。それは本の「価値」についての無数の答の中の一つだが、巨大な「時価総額」を実現した答となるからだ。 … [Read more...]

衰退のまま放置される「在来出版」

在来出版ビジネスの衰退が続いている。米国出版協会(AAP)が5月9日に発表した約1,200社の数字  (StatShot) によると、2017年の成長は前年比5億ドル(0.4%)増の147億ドル。マイナス10%に近づいた日本ほどではないにしても、成長が求められている産業としては実質マイナスだろう。例外はまたもA-Book (3億4,300万ドル)で成長率は29.5%。 … [Read more...]

アマゾンが児童書に定額制Prime Book Box(♥)

アマゾンは5月1日、新たにプライム会員の子供向け定額読書サービス Prime Book Box (PBB)を立上げることを発表した。注目点はこれがハードカバー児童書セットの宅配であること、以前米国にあった「今月の1冊」ブッククラブのリバイバルであることだろう。価格は$22.99で(単品価格合計の35%引き)で配本方式は選択できる。 … [Read more...]

漂流する「データ」は何を語る?

NPD社は、2017年の PubTrack Digital (PTD)のデータを発表し、米国の出版社によるE-Bookの売上が前年の14%に続いて10%ダウンしたことを伝えた。これは大手5社を含む450社のみをカバーしたもので、AAP加盟の1.300社と比べても少ない。NPDのサービスはNielsenから継承したものだが、市場の捕捉率は半分を切っていると思われる。 … [Read more...]