Kindle インディーズ・マンガは上々のスタート

アマゾン・ジャパンは8月10日、「Kindle インディーズマンガ」の開始1ヵ月時点でのダウンロードが数十万回を達成し、既読ページ数が累計100 万ページ以上になったと発表した。この好評を受けて、無料マンガ基金の8月度の分配金を、前月度の1.5 倍の300 万円以上にすることを決定した。また「上位20名」としていた分配金の支給対象を増やす、としている。 … [Read more...]

B&Nリッジオ会長は「どこまでやる」?

Barnes & Nobleのレン・リッジオ会長(77)が、CEO解任の後初めて大手出版社の幹部を招いて説明会を開催した (WSJ, 08/10)。といっても内容は、懸念を深める出版社にとって疲労感を増しただけのものだったようだ。業績は下落を続け、説明なし、計画は示されずで、6年間で6人目となるCEOを待つ状態では、最悪の事態も覚悟しなければならないだろう。 … [Read more...]

コンテンツ市場の拡大 vs. 違法取締

欧州の学術研究機関がGoogleの支援の下に行った海賊コンテンツ被害調査(レポート全文)によれば、2014-17年の3年間で欧州の「窃書」は近年低下の傾向がみられ、規制よりも市場環境の整備によって問題が前向きに改善される傾向が示された。海賊は市場の未成熟によるもので、取締りは後進性を固定化すると考える本誌の主張を支持するように思われる。 … [Read more...]

メドピアがPubMed論文の日本語共有サービス

医療情報サイトを運営するMedPeer(メドピア)は7月30日、医師10万人が参加する同社サイトにおいて、PubMed論文の日本語による検索・共有サービスを提供する「JOURNAL」をリリースしたと発表した。多忙な日本人医師のアクセスには困難が多い国際的な大規模専門データベースの利用環境として注目される。 … [Read more...]

「マンガ図書館」が活字本の活用を実験 (1):絶版本

赤松健氏のJコミックテラス(メディアドゥ)が、実業之日本社の参加を得て「マンガ図書館Z」を絶版本に応用する実証実験を開始したと発表した。死蔵されている絶版本の電子化は、ビジネスモデルとの結びつきが得られず、ほとんど進んでいないが、海賊版マンガ問題で動き出すきっかけが与えられるかもしれない。瓢箪から駒。 … [Read more...]

アマゾンCreatespaceの明日? (♥)

アマゾンは、Createspace のAVディスク製作サービスDisc on Demand が、間もなく Amazon Media on Demand (AMoD)に移管されることをユーザーに告知した。制作サービスの廃止に始まる Createspaceにおける一連の事業整理の一環となるものとみられる。これまで実質的に少なからぬ役割を果たしてきたこのサービスを振り返ってみたいと思う。[全文=♥会員] … [Read more...]

米国在来出版の停滞を映すデータ

米国出版社協会 (AAP)は7月21日、昨年の卸売上データ(1200社分)を収録した StatShot Annual Report (SS-A)を発表し、数量ベースで27.2億冊、金額も横ばいの262億3000万ドルと推定した。商業出版物は159億5000万ドルだが、過去5年間の変化が-3%で、毎年膠着したような推移を見せるのは、非公開の「モデル」による推定に依存した算出方法によるものだろう。 … [Read more...]

コミックは国境を超えるか

アマゾンは7月19日、comiXology Originalsのオリジナル・コミック作品を日本語版でも同時リリースしたことを発表した。サンディエゴで開催中の Comic-Con で公開されたもので、人気クリエイターが手掛ける怪獣コミック 『ゴリアテ・ガールズ』 が目玉商品となる。日米交流が実現することで、新しい刺激と創造が生まれることが期待される。 … [Read more...]

KDPに新しい印刷本プログラム (♥)

米国アマゾンは7月10日、KDPを一般書店流通に拡大した新プログラム Expanded Distributionを発表した。これを使うことで、ペーパーバック書籍をオンライン、書店その他に配布できるが、著者の取分は小売価格の40%から印刷費用等を除いたものとなる。[全文=♥会員] … [Read more...]

マンガ市場の復興 (1):インディーズマンガ

アマゾン・ジャパンは7月5日、KDPを拡大し、Kindleストアで漫画家が自作を無料で出版するためのプログラム「Kindleインディーズマンガ」を開始した。総額2000万円の「インディーズ無料マンガ基金」を創設。7月5日から12月31日までの約6カ月間に、基金から総額2000万円が分配される予定。最初の約1カ月で上位20名に選ばれた漫画家に各10万円が支払われるという。 … [Read more...]

「文」の価値は復活するか?

英国の著作権管理団体ALCS (Authors’Licensing and Collecting Society)は6月27日、5,500人を対象とした調査レポート「英国作家の所得 2018年版」を公表し、著者の収入が2013年以降15%、2005年以降で42%と急速に下落していることを示した。中間値は 1万ポンド(£10,500≒153万3,000円)と最低賃金以下となる。当然、専業作家は40%からさらに下落して13.7%となった(詳細は比較対象を厳密に照合して今秋発表)。 … [Read more...]

「B2B時代」は終わった: B&Nに近づく終焉(♥)

Barnes & Noble (B&N)は7月3日、デモス・パーネロスCEOを「解雇」したと発表した。理由は明示されておらず、財務報告やそれに関連する背任など不祥事が理由ではないとし、ただ会社の「方針」に違反し、法律顧問の勧告に従ったことを理由としているが、退職金などはない。新CEOが見つかるまでの間はCFOなど他の役員を含む委員会が管理する。[全文=♥会員] … [Read more...]

Atavist買収で進化するWordPress(♥)

WordPressの運営会社 Automattic は7月1日、デジタル出版社の Atavistを買収したことを発表した。独自のコンテンツ管理システム(CMS)、顧客ベース、定期刊行誌 Atavist Magazine を含むとされ、現従業員はAutomatticに移行する。出版ソフトウェアのユーザーは、20万人ほどを擁するとされるが、ほとんどが無償版という。[全文=♥会員] … [Read more...]

出版印刷のデジタル転換に異状

北米の出版印刷(書籍・雑誌)第5位の有力企業 エドワーズ・ブラザース・マロイ社 (EBM)が今月、125年の歴史を閉じた。オフセット印刷市場の需要急減と「オンデマンド化」によるデジタル売上の伸び悩みが理由だが、直接的には年金支払いのダメージにリストラ努力が追いつかなかったものと見られる。出版と印刷の伝統的関係が継続するにはビジネスモデルの再構築が必要とみられる。 … [Read more...]

「オーディオブックは健康に良い」(♥)

ロンドン大学のユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン (UCL)は、Audibleの協力を得て「聴覚読書」vs.「視覚(映像)読書」の実験心理学的な比較研究を行い、オーディオブックが映画・TVに優るという結果を得たと発表した。オーディオは映像慣れした若者から支持(脈拍・心拍数)を得ていることが知られているので、調査は出版界にとって心強いものだ。[全文=♥会員] … [Read more...]