リンク付Twitterの3分の2は「ボット」(♥)

メディア行動を研究しているニューヨークのピュー・リサーチ・センター(PRC)は、Twitterで送信されシェアされているリンクのうち、どのくらいがボットによるものかを調査した結果、約3分の2がボットで、人間に手のなるのは3分の1にとどまるということが明らかになった。しかし、まだそれ以上のことには踏み込めていない。[全文=♥会員] … [Read more...]

消費者から顧客へ

楽天が出版取次3位の「大阪屋栗田」を子会社化することが新聞で報じられた。「ネットとリアルの融合」をキャッチフレーズにしているが、合わせたところで融合するものではなく、そもそも書店の「顧客」などは融通できるものではない。「顧客」は軽い言葉ではないのだ。それを可能とするビジネスモデルはあるのだろうか。いやあり得るのだろうか。 … [Read more...]

アップルPages で子供が拡張E-Book製作

アップルがOfficeに対応するiWorkシリーズのワープロ「Pages」を進化させている。スジはよく、EPUBをサポートするということで、iBooks Authorとの関係が気になるが、こちらは基本的にモバイル・ワープロということで、教育などグループ環境でのテンプレートの使用を想定しているようだ。いずれにせよ、出版にプロ用ツールが必要だった時代が遠くなるかもしれない。 … [Read more...]

『Web時代の出版とKindleの10大発明』発刊

本誌は、書籍出版企画として「デジタル出版シリーズ」を刊行することとし、『Kindle以後10年』3巻本を準備していますが、4月より「BOOK I:Web時代の出版とKindleの10大発明」(著者:鎌田博樹)を発行する運びとなりましたのでお知らせいたします。(とりあえずKindleでの提供となります) … [Read more...]

中国テンセントがWattpadに出資

なお会員の増加が続くWattpad(カナダ・トロント)は1月に5,100万ドルの資金調達を発表したが、そこに中国最大のネット企業テンセント(騰訊=タンシュン)が入っていることが注目された。資金はグローバル展開とAI(深層学習)への投資に使われる。どちらも「非アマゾン」なデジタル世界の主要企業だけにこの組合せは面白い。 … [Read more...]

A-Book自主出版のネットワークが拡大

自主出版支援サービスのSmashwordsは、オーディオブック配信プラットフォームのFindawayと提携してA-Bookの制作支援を始める。AudibleのACXに対抗するFindaway Voicesを使うもので、同じような動きとしては Draft2Digital が昨年に契約している。非アマゾン系のA-Book環境がFindawayを中心に形成されてきた。 … [Read more...]

プラットフォームを目ざすKindle Singles

アマゾン出版(APub)が独自性を本格的に発揮し始めたのは、Kindle Singlesあたりからだと思われる。ビッグネームとの提携で Singles Storeというストア・ブランドを成功させたジュリア・サマーフェルド編集長はさらに、Amazon Original Stories (AOS)というオリジナル短編を立上げた。予想通り、Singlesじたいがプラットフォーム化してきたということだ。 … [Read more...]

新聞電子版の月額購読料平均は10ドル

米国新聞協会(API)は2月14日、電子版購読料金の現状に関する年次レポートを発表した。平均は週2.31ドル、月10ドル、年額120ドルで、前年(2016)の3.11ドルから若干安くなっている。印刷版購読収入、広告収入が低下するなかで、業界は「最適価格モデル」に基づく価格改訂を行っているはずだが、実際にはモデル(むしろ現実)を拒否しているようだ。 … [Read more...]

アマゾンKindle Singles の方向転換

印刷本(書店陳列本)のサイズに適合しない短編・小論をシリーズ化したKindle Singles (KS)は、2011年にスタートし、定着しているが、編集長の交替で編集方針を一変し、公募方式から重量級作家への直接委嘱方式にして業界を驚かせた。効果は一目瞭然で、Kindle発の「ビッグネーム」がベストセラー上位を独占している。その意図は何か? … [Read more...]

アマゾンの大型企画で高騰する版権市場

Wall Street Journal によれば、アマゾンがオーディオ出版権の大規模な買い付けに乗り出した。これはAudibleなどでの独占販売権を含むもので、定額サービスと結びつけることで、版権市場に大きな影響があると見られる。市場の急拡大とともに、アップルなどの新規参入によって米国のオーディオブック市場におけるアマゾンのシェアは40%台にまで低下したと言われる。 … [Read more...]

AEによる米国オンライン出版市場の概観

AuthorEarnings (AE)レポートのデータは新たに詳細化されており、今後の分析につながるデータが公開されている1。個人的に注目したのは、発行時期別の販売金額で、1年以上前のタイトルの販売総額が新しいものをしのぐということだ、E-Bookのマーケティングはなお不十分で、日本ではさらに市場自体が未開拓であることを痛感する。 … [Read more...]

アマゾン Createspaceが今春サービス停止する理由は?

アマゾンの自主出版サービス会社 Createspaceは1月24日、現在の顧客に対して同社が今春4月20日をもって営業を停止すると通知した。受託したファイルの更新は3月15日まで受け付け、すでに発行されたタイトルには影響しない。同サービスは印刷本の出版を希望する著者に、編集・デザイン、印刷、製本までのサービスを提供していた。 … [Read more...]

Author Earningsの帰還 (2):変貌するビジネス

出版におけるデジタルとは、表面的にはフォーマットのことだが、版という物理的制約から解放されたいま、制作、マーケティングを中心にしたビジネスの構成(統合形態)もまた変化を始めている。自主出版はもちろん「出版社」という存在もまた変化を免れない。変化する市場を安定した統計のフレームワークに収めることはもちろん容易ではなかった。[全文=♥会員] … [Read more...]

Author Earningsの帰還 (1):デジタル新大陸の発見 (♥)

データ・ガイは、Author Earningsの再出発にあたって、出版社向けのサービスとしてのBookstatを土台とすることで、データと分析を最高度にプロフェッショナルな水準に高めたと述べている。ボランティアが無償で提供してきたAERの内容は質量ともに向上し「公共の利益」につながるというのだが、これは額面通りに受け取ろう。[全文=♥会員] … [Read more...]

Smashwordsが10周年

自主出版プラットフォームのパイオニア Smashwords が今年5月に10周年を迎える。創業者のマーク・コーカー氏は、例年のように2017年のパフォーマンスの報告と新年の計画をブログで綴っている。良心的経営姿勢で知られる同社が、アマゾンKDP Select とUnlimitedで著者を確保するのが困難になる中で、昨年も黒字を維持したのは立派なものだ。 … [Read more...]