ランダムハウスからアマゾンへ (1):Kindle

Publishing Perspective (11/19)は、Kindleコンテンツ担当のデイヴィッド・ナガー副社長(VP)とのインタビューを掲載し、10周年を回顧した。世界最大の出版社からアマゾンに参加した彼が、Kindleの成果をどのようにみているかはとても興味深いが、顧客体験 (CX)とコンテンツ中心主義を最も重要な成功要因と見ている。 … [Read more...]

B&Nの「特別な冬」

Barnes & Nobleにとって、たぶん今年のホリデー・シーズンは特別なものとなるだろう。同社は先週ニューヨークで戦略発表会を開催し、Nookの新製品や、ホリデーギフトにフォーカスした対話型アプリを披露した。「弊社はテクノロジー企業ではない」とNookからの離脱を宣言したばかりだが、やはりニュースにできるものはデジタルなようだ。 … [Read more...]

アマゾンが軽量読書アプリ Kindle Lite

アマゾンは、インド向けにAndroid版の軽量E-Readerアプリ Kindle Lite をリリースした。このアプリは2G (GSM)というインドでも最もベーシックなモバイル環境で動作することを目的としたもので、Highlights、X-Ray、Wordwiseといった読書支援環境は省かれているかわりに、データ使用量モニタがついている。そしてファイルサイズは僅か2MB。 … [Read more...]

アマゾンが廉価版KindleでもAudible対応

アマゾンは、現在準備中のファームウェア更新で、Oasisの旧機種とエントリレベルのKindle ($79)をAudible対応とするようだ。ヘッドフォン・ジャックは使えないが、Bluetooth機能を使って発信することでワイアレス受信が可能となる。これまではスマートフォンとタブレットがオーディオブック聴取に使われてきたが、これでどう変化していくだろうか。 … [Read more...]

Kindle 以後10年:(2)二人の天才

iPhoneの圧倒的な成功の影に隠れて多くの人が忘れてしまっているが、ジョブズはiTunesで21世紀のビジネスモデルを創造した。そのことをいちばん理解していたのはベゾスCEOだったはずだ。彼の関心はガジェットではなく、持続性を持つコマースにあったが、クラウドと無数のモバイルをつなぐコンテンツ・ストアは、コマースそのものを変えるものだった。 … [Read more...]

Kindle 以後10年:(1)背景

2007年11月19日、アマゾンは最初のKindleを399ドルで発売した。予定台数は5時間半で完売し、翌年4月まで在庫切れの状態が続いた。とはいえ、同年1月9日に発表され、9月16日の発売を待たずに一大センセーションとなっていたiPhoneと比べれば話題性は小さくさほど注目もされていない。 … [Read more...]

読み/書きツールとしてのE-Reader (♥)

E-Readerは、紙に近いインタフェースを提供するE-Inkによって生まれ、10年前のKindle発売とともに成長軌道に乗った。しかし、Kindleとの関係が深すぎるせいか、出版業界からは、愛され期待されることが少ない。いまだにタブレットと間違った比較をされることはご存じの通り。ではE-InkとE-Readerは、10年目をどう迎えたのだろうか。[全文=♥会員] … [Read more...]

アマゾンKindle Oasisにオーディオと防水機能

年末に向けたアマゾンKindle Oasisの最新モデルが発表された。300ppi・7型防水仕様で価格は249ドル国内価格 3万3980円~、今月末にリリースされる。同社はKindleについては、偶数年に大幅改造、奇数年に小幅改訂する方針を5年前から継続しており。今年は「新製品」は期待できないと見られていた。10周年に当たる今年も記念モデルなどを出さないところがこの会社らしい。 … [Read more...]

ガジェット時代が終わり、出版の時代が始まる

アマゾンは9月19日、10型タブレットFire HD 10の最新版を発売した(出荷は10月11日)。1080pのフルHD (2K)で1万5,000円(プライム限定)という価格は、対抗メーカーが見当たらず、かなりのインパクトがあると見られる。なお国内版にはAlexa Hands-Freeは付いていないが、これはAlexaのサービス開始とともに対応するだろう。 … [Read more...]

電子ペーパーの行方:PCか「紙」か

E-Ink社とソニーが合弁事業を設立したことは4月に伝えられていたが、フランク・コーCEOが台湾紙とのインタビューで、「電子ペーパーを使ったラップトップおよびeノートブック製品を開発し、来年にもリリースする」意向を述べた。電子ペーパーの大型・高精細化が注目されてきたが、はたしてこれはPCなのかタブレットあるいはE-Readerなのだろうか。 … [Read more...]

「二重否定」から読むAlexa版Kindle (2):空間と手段 ♥

リンプSVPの発言については、E-Bookブロガーの間でも見方が分かれる。多数派は、Alexa版Kindleを示唆したものではなく、次世代Kindleへの質問をかわす常套的スタイルで、肯定も否定もしていないとする。少数派はむしろ一般社会の常識的な見方。Kindleはオーディオ機能を必要とし、Alexaは可能な限り多くのデバイスを必要としている。[全文=♥会員] … [Read more...]

「二重否定」から読むAlexa版Kindle (1):肯定/否定

今年10周年を迎えるKindleが次にAlexaを搭載するかどうかに注目が集まっている。デバイス担当のデイヴィッド・リンプ上級副社長(SVP)が英国を訪れた際ののインタビューで述べた "Never say never" の意味について2つの解釈が出ている。二重否定を「肯定」ととるか、標準英語が認めていない「否定呼応」ととるか。それは「脈絡」で考えるしかない。 … [Read more...]

E-Inkが折曲げ可能スクリーンをデモ

E-Inkは、量産化対応の折曲げスクリーンを使用したE-Readerのプロトタイプをロサンゼルスで開催されたSID Display Weekでデモした。220PPIのCarta Mobius 10.2型パネルを使用したもので、冊子本のように開いて読むことが出来る。E-Ink新世代技術の量産化モデルが続々登場しそうだ。 … [Read more...]

アマゾン「インド・フォン」で考えること

2014年にアマゾンがスマートフォン市場で失敗したことはまだ記憶に新しいが、また新しい噂が聞こえてきた。それも、ごく普通のAndroid、米国ではなくインドでというのである。常識ではなく、ビジネスモデルとアルゴリズムを信じるこの企業には、実書店の件でも大いに驚かされたが、今回はかなり信憑性が高いと筆者は考えている。 … [Read more...]

音声エージェントが大市場を形成する

米国のデジタル・メディア/マーケティング調査会社 eMarketerは、米国の音声エージェント関連市場が順調に成長しており、とりわけアマゾンEchoのようなスピーカ型デバイスの成長が著しいとするレポートを発表した。この不思議なスピーカーはメディア/消費行動をどう変えていくだろうか。 … [Read more...]