Kindle Oasis最新版で調光機能搭載

アマゾンは6月19日、Kindle Oasisの最新版を発表し、予約を開始した。最新のe-ink と色調調節ライトを採用した300ppi の高解像度7型画面を採用したのが最大の特徴で、8GBモデルが29,980 円(税込)、32GB が32,980円。防水機能などその他は前世代を継承している。出荷は7月24日を予定。なお、Audible/Bluetoothは搭載していない。 … [Read more...]

出版は「大きな物語」をどうするか (♥)

ビジネスとしての出版は、様々なタイプの「大きな物語」を背景として形成されてきた。皮肉なことに、大きな物語を仰ぐことで他の物語を抑える傾向があるようだ。20世紀の末にWebとともに登場した「大きな物語」は、活字出版という型を超え、最初から「ソーシャル」を「グローバル」を目ざした。それは遅々として歩んできた近代出版の「追体験」ではない。[全文=♥会員] … [Read more...]

アマゾンが「繁体中文出版」ポータル (♥)

アマゾンは5月24日、中文繁體字サポートと2万タイトルを含む多言語サービスの追加を発表した。今年はこれまでアフリカーンズ語、アラビア語、カタルーニャ、アイスランド語、スウェーデン語、ウェールズ語などを追加してきたが、今回はベストセラー作家ジョージ・R・R・マーティンの『氷と炎の歌』シリーズや村上春樹『刺殺騎士團長』も含まれている。[全文=♥会員] … [Read more...]

オーディオブックのパートナー(2) :スマートスピーカ (♥)

アマゾンのスマートフォン事業 (FirePhone)の失敗から生まれた「スマートスピーカ」だが、失敗がより大きな成功につながることもある。あっさり失敗を認め、ステージを変える発想の転換が出来たからだが、オーディオブックにとっては窮屈なスマートフォンから離れて、音声中心の広大なステージが用意されたことになる。ほぼ純粋な21世紀テクノロジーである。[全文=♥会員] … [Read more...]

21世紀の物語り:(3) 非完結性という力 (♥)

[EB2 Magazineマンスリー5月号] さて、共有の焦点は「物語り」だ。Webの「物語り」(storytelling)と印刷本の「物語」(story)の違いを明確にしておくべきだろう。「物語」は基本的に「完結」した「作品」で、多くは商品性で評価される、つまりは最初から「出版」の対象となるものだ。語りは違う。相手が違えば筋も変えるユルさがある。[全文=♥会員] … [Read more...]

21世紀の物語り:(2) ケ―タイとWattpad (♥)

[EB2 Magazineマンスリー5月号] Wattpadは「アマゾンには売らない」ことを早くから表明し、また「ストーリーテリングのソーシャル・プラットフォーム」と自己規定して、出版ビジネスから一歩下がったところに身を置いた。ビジネスモデルが見え始めたのは10年あまりを経た後だ。[全文=♥会員] … [Read more...]

ケータイ小説からWattpadへ

新しい「LINEノベル」が期待しているのは、「ケータイ小説」の再現である。しかしその爆発的成功に比べて、後の挫折については「メディアとしてのケータイ」に帰して片づけられてきた印象が強い。ケータイ小説は海外からも注目されていたが、理由はWeb出版としての先駆性にある。じっさい21世紀の「ストーリー」はその上に始まった。 … [Read more...]

出版とビジネスの「ストーリー」

最近、Webのマーケティングでは「ストーリー」の重要性が強調されている。ブランド、商品、サービスの優秀性やお得感を訴求するだけでは差別化が困難なので、何かしら消費者の共感あるいはUXを呼ぶ「ストーリー」を消費者と共有することが、企業の価値を高めるためだ。[♥会員記事=GW特別公開 5/12まで] … [Read more...]

「LINEノベル」はWeb出版の潜在性を解放するか

LINEは4月16日、新しいコンテンツ・ビジネスの一環として、オンライン小説提供サービス「LINEノベル」を発表した。小説とマンガのオリジナル作品のほか、提携出版社の既存作品のデジタル版も、サイトとアプリで提供する計画で、小分けにして、無料提供分からスタートし、途中から課金する形をとる。今夏からスタートする予定。 … [Read more...]

WattpadのWeb出版モデル (♥)

アマゾンを別とすれば、過去10年間に規模的、社会的に成功した出版ビジネスモデルは、既刊本マーケティングのOpenRoadとソーシャル出版のWattpadであると筆者は考えている。どちらも「版」のないところから出発し、Webの上で社会的・経済的活動としての「出版」を構築することに成功したからである。[全文=♥会員] … [Read more...]

中国を考える:「ブック・バブル」の虚実 (♥)

2018年の中国の出版産業は、前年比5.9%増の704億元(547億ドル)と発表された。単純計算では6兆円で、これをもって「世界最大の出版市場」とは確定できないまでも、投資の対象でありまた主体として、世界的に最も注目される巨大な成長市場であることは間違いない。とくにデジタル読書の成長と裏腹な書店のバブルが著しい。[全文=♥会員] … [Read more...]

21世紀は音声出版の時代となる

[EB2Magazineマンスリー4月号] 出版にとって「デジタルの衝撃」が何であったかは、米国でも立ち位置によって、見え方は大きく異なる。しかし、出版市場における最大のサプライズは、誰が見ても「オーディオブック」だろう。これが一つのフォーマットという以上の存在となると考えた人は少ないと思われる。筆者もその一人だ。[全文=♥会員] ※特別公開4/10まで … [Read more...]

「Webメディア」ノート(2): 雑誌ビジネス

印刷(版)をベースにした(複製)ビジネスモデルは、あまりに万能なものだったので、出版だけでなく、印刷物を必要とする近代の多くのビジネス(新聞、書籍、広告、教育、音楽、各種情報サービス)に普及していた。その結果、関係者の間においても、そのビジネスがどのように「コンテンツ」に関係しているのかについて、明確にわからない状態が続いたように思われる。 … [Read more...]

アマゾンが書店展開を強化へ

アマゾンは、Amazon Booksを20ヵ所以上に展開する一方で、87の「ポップアップ・ストア」を2013年以来維持してきたが、最近同社のスポークスマンが、Good eReaderなどに対して、後者を閉店し、書店に力を入れることを明らかにした。これは店舗のオペレーションの有効性が実証され、大規模な増設へ進むことを意味するものと受け止められている。 … [Read more...]

フランス Numilogが「読んだ分だけ」モデル (♥)

フランスの学術・参考書系デジタル・ブックストア Numilog は、読んだ分だけ支払う (pay-per-page)サービスを開始した。高額本の「拾い読み (Pick & Read)」への需要は確実にあるが、いまだに版の遺制を引き摺った価格法制を堅持し、定額制も普及しにくい国で、コンテンツの利用が促進されるかどうかが注目される。[全文=♥会員] … [Read more...]

Scroll Up