ディズニーが考える「未来」はアプリ中心

ディズニーは10月21日、2016年に英国と欧州で定額サービス DisneyLifeを導入する構想を発表した(米国は含まれていないが除外もされていない)。iOSとAndroidで利用でき、月額10ポンドと高めだが、同社のクラシックのほか最新のPixarカタログもカバーされている。ボブ・アイガーCEOによると、「ここには多くの点で未来が先取りされている」という(Variety, 10/21)。 … [Read more...]

オープンアクセスで変わる科学技術出版(♥)

学術(STM)文献を対象としたテクノロジー・ソリューションを提供するインド(チェンナイ)のNewgen Knowledgeworksは、25万点にも達しているオープンアクセス(OA)研究文献を利用するためのタブレット・アプリ ResearchPadをリリースした。無償だが、ホワイトレーベル(OEM)で出版社などにカスタマイズして提供される。[全文=♥会員] … [Read more...]

本誌iOS版の提供開始

創刊から5年目を迎えた本誌は、これまでWebのみで提供されてきましたが、このほどアンテナハウスのご協力により、iOSアプリでの提供を開始するとともに、EPUB、PDF、Kindleの各フォーマットでも同時にお読みいただける体制を確立しました。様々なデバイスで最も読みやすい形をお選びいただけます(会員版/無償公開版)。 … [Read more...]

ペンギンの古典名詩選アプリは新市場を開拓するか

ペンギンは4月4日、Penguin Classics から Poems by Heart という英米詩のリーディング・アプリをiTunesストアにリリースした(無償)。このコンテンツの新しい読み方を提供するものとして注目されている。TeleReadにジョアンア・キャボット氏のレビューが載っているので、あわせて紹介しておきたい。古典もので堅く稼いできたペンギンも、E-Bookでは無償コンテンツと付加価値で対抗しなければならない。このアプリも一つのトライアルとして評価されている。日本でも同じようなアイデアは使えるだろう。 … [Read more...]

Kindle Fire準備完了「Androidアプリストア」スタート

アマゾンは12月19日のKindle Fire日本発売を前に日本語「Androidアプリストア」アプリを立ち上げた。Kindleデバイス以外にAndroid端末(スマートフォン、タブレット)にアプリをインストールすることで使用できる。アップルのApp Store、GoogleのGoogle Playと並ぶグローバルなプラットフォームで、アプリ内決済などの機能が利用できる。ゲームアプリ、SNS、ニュース、教育、エンタメ、天気、レシピほか、幅広いカテゴリがあり、日本の開発者もそのまま海外で販売できるようになる。 … [Read more...]

ブルームバーグ・アプリストアのエコシステム志向

大手金融情報サービスのブルームバーグ社は11月13日、同社の契約者向けにBloomberg App Portal (BAP)というアプリ・ストアを開設、45点のアプリの販売を始めた(→リリース)。推定で売上の30%をシェアするというふつうのストアだが、重要なことは、データインフラと強力なアプリを保有する巨大な情報サービス企業が、外部アプリ開発企業にデータを無償提供するパートナーシップ・モデルを採用したという点だ。素材としてのデータの販売と、自社による分析だけでは、データの価値を最大化するには不十分だということを意味する。ブルームバーグはエコシステムを志向している。 … [Read more...]

女性は男性より「ソーシャル」だから…

ハーパー・コリンズ系の恋愛小説専門出版社エイボン・ブックス(Avon Books)は10月16日、Avon Social ReaderというFacebookアプリの提供を始めたことを発表した。近刊本の抜粋(最大で全体の20%)を読み、内容について友人と語ることが出来るようにするもの。気に入ればそのままeコマースにリンクしてDRMフリー・コンテンツ購入することも可能。こうしたソーシャル・リーディング・アプリはアシェット社などが採用して広がる傾向にある。 … [Read more...]

環境音楽を「創作」するiPadアプリ Scape

環境音楽の提唱者ブライアン・イーノがソフトウェア技術者のピーター・チルバースとScapeというiPadアプリを開発・リリースした。様々な音の素材を使い、作曲上の数々の規則と技法にもとづいて音の風景 (sound scape) の自動生成を連続して行うもので、開発者によって「それ自身で考える音楽をつくる」アプリとされている。iPad 1を除き、別のアプリのバックでも再生することもできる。15のオリジナルな「音景」が収録されている。価格は$5.99。 … [Read more...]

AutoDeskがiPad向けペイント・アプリを超廉価で

CADソフトウェアで有名なAutoDeskは、iPad用ペイント・アプリSketchBook Inkを発売した。これまで、数々のプロ用アプリケーションを出してきた同社の新製品は、PC世代のペイント・プログラムのイメージを一新した、タブレット・ペインターの時代を告げるもので、しかも5ドル(キャンペーン期間は2ドル)と衝撃的なほど安い。本格的なタブレット・アプリが続けば、PC用製品のサバイバルにも影響が出てくるだろう。実用アプリの対応の遅さから停滞しているPC代替が、クリエイティブ分野から進むことになりそうだ。 … [Read more...]

HBGが近刊本の一部公開用Facebookアプリ

アシェット・ブック・グループ(HBG)は、Facebookを使って近刊本の中の一部の章をまるごと著者、出版社と共有することが出来るアプリThe ChapterShareをリリースし、10/11月に刊行予定のジェームズ・パターソンの作品("NYPD Red")とマイケル・コナリーの作品("The Black Box")のプロモーションを始めた。一部を読んで気に入れば、友人と共有したり、Facebookの中から予約することが出来る。SNSのバイラル効果を販促につなげようとする仕掛けだ。Facebookユーザーは“Like”ボタンでアクセスできる。 … [Read more...]

中国Duokan (多看)がVC資金1,000万ドルを調達

Kindle向けファームウェアなどで知られる中国・北京市のE-Bookサービス企業Duokan (多看)は、徐小平氏を含む有力なベンチャー投資家のグループから1,000万ドルの資金を調達した(TechNode, 5/14))。中国ではまだKindleは販売されておらず、中国語コンテンツも販売されていないが、個人輸入などで入手された端末はかなりの量に達していると言われる。この会社は2010年以降、各種のKindleデバイスで中国語コンテンツを利用できるソフトウェアをコンテンツとともに提供している。 … [Read more...]

シェイクスピア全集アプリShakespeare By Readdle

シェイクスピア全集のiPhone/iPadアプリの最新版(3.2.1)がReaddle Inc.からリリースされた。同社とPlayShakespeare.comの共同プロジェクトによるもので、真贋不明の作品を含めて、41篇の戯曲、154篇のソネット、6篇の詩を収録し、同時に全集には不可欠なコンコーダンス(語句索引)、用語集が付いており、さらにデジタル版ならではの様々な機能がサポートされている。このアプリは無償でiTunesからダウンロードできる。有償版のShakespearePro (1.5)は$9.95。 … [Read more...]

英訳俳句集がE-Bookアプリに新境地を拓く

拡張E-Bookコンテンツを開発・出版する、米国ロサンゼルスのハニービー・ラボ(Honeybee Labs, Inc)は12月15日、150の英訳俳句と詩情溢れる絵とサウンドトラックを組合せた対話型句集 "Chasing Fireflies"(蛍を追いかけて)をiTunesにリリースした($3.99)。拡張E-Bookの市場は、まだ絵本など児童向けコンテンツが圧倒的だが、文学、科学、社会に関する分野でも先駆的な“作品”が登場しつつある。Publishers Weekly (12/22)が注目するハニービーもその一つだ。エリオットの『荒地』に続く話題作となることに期待。 … [Read more...]

電子教科書のInklingが料理教科書iPad版

米国のE-Bookテクノロジー・ベンチャー、Inkling(サンフランシスコ)は10月28日、レストラン専門学校のCulinery Institute of Americaの公式教科書The Pro ChefをiPad向けにリリースする。全36章で構成され、各章2.99ドルまたは一括49.99ドルで購入できる。Inkling版では100以上の高画質ビデオ・チュートリアルが付いており、包丁の使い方や食材の下処理などのテクニックを実演する。もちろん、プロになる気がなくても有用なもの。 … [Read more...]

iBooksコンテンツをiPadで作るアプリが$6.99!

iPadで読むE-BookはiPadで制作したい、と考えていた人に朗報となるEPUBオーサリング・アプリを、米国のRed Jumper Studioが開発した。Book Creator (v1.6)は、わずか6.99ドルと超廉価ながら、iBooksで読み、友人に送り、その上iBookstoreへの商品登録を申請することもできる。価格的に、自主出版はもちろん、写真集、画集、料理本などのパーソナル/プライベート出版にも最適だ。 … [Read more...]

Scroll Up