アマゾン出版NYがイングラムを通じてE-Book配信

秋に最初の刊行物を出版するアマゾン出版のニューヨーク本社が、E-Bookの流通に関してイングラム社と契約したことをpaidContentが報じた(L.H. Owen,08/29)。これにより、ライバルであるB&N、アップル、Koboでもアマゾンのコンテンツを販売する道が開かれた。アマゾン出版は当初Kindle専用とする方針だったが、書店が印刷版の扱いを拒否する姿勢を示したことで方向を転換したもの。これでまったく「ふつうの出版社」になったわけだが、書店側が態度を変えるかどうかは不明。 … [Read more...]

オープン化で終戦へ動くか「アマゾン出版」紛争 (♥)

アマゾンが「Kindle独占」として出版するタイトルの印刷版を、B&NやBaMなどの大手や多くの独立系書店がボイコットしている問題で、アマゾン出版が新規にオープン・シリーズとして“Amazon Lives”を全フォーマットで提供する意向を表明したことで新しい展開が見えてきた。NY支社の出版活動が本格的に立ち上がる今秋を前に、アマゾンは環境整備に動いていると見られる。そもそもこれは宣伝戦・心理戦と考えたほうがいい。もともと書店がアマゾンのE-Bookを販売したいと本気で考えていたわけではないからだ。 [全文=♥会員] … [Read more...]

取次との交渉決裂でアマゾンが5000点を販売停止 (♥)

アマゾンが2月23日、米国Independent Publishers Group (IPG)との契約更新交渉の決裂を受け、約5,000点あまりのIPG書籍のKindle版から購入ボタンを外す措置を取ったことが明らかになった。印刷本は対象となっておらず、E-BookもKindleストア以外では販売されている。かつて委託販売制をめぐって2010年に、マクミラン社に対して同様の措置を取ったものの、1週間で撤回したことを想起させるが、この先は不透明。他方で出版社の間にもアマゾン・ボイコットが起きている。この紛争は今年最大の焦点に浮上した。  [全文=♥会員] … [Read more...]

書店のボイコットとアマゾン“リアルストア” (♥)

米国に約200店舗を擁する第2の書店チェーンBooks a Million (BaM)は、B&Nに続いてアマゾン出版の印刷書籍を店舗で扱わないことを明らかにした(通販で扱うかどうかは不明)。また、カナダ最大手でKoboを楽天に売却したことでも知られるインディゴ社も、この動きに参加することを表明した。アマゾン出版へのボイコットは合計で北米約1,000店舗あまりが「参加」する異常事態だ。ところが、それはオンラインの巨人が地上の小売店舗に進出することで無効化されそうだ。それはどのようなものか。[全文=♥会員] … [Read more...]

E-Bookと検閲:アマゾンの回答

リアルの書店と同じく、オンライン書店にとって何を扱い、何を扱わないかはかなり大きな問題といえる。アップルは、ジェームス・ジョイスの『ユリシーズ』やインドの古典『カーマ・スートラ』に対する過剰な検閲で問題となった(日本の写真集にも「発禁」の憂き目をみたものがかなりある)。他方で過少な検閲で問題になっているのがアマゾンだ。同社の自主出版支援サービス(DTP)を利用して出版された本の中には、ポルノグラフィに近いものや性倒錯嗜好を扱ったものがあり、Twitterやブログなどで攻撃されている。アマゾンはガイドラインを公表しているが、「××的」といった形容詞や副詞でしか表現できない対象の扱いでは問題を生じる … [Read more...]

Scroll Up