価格戦争の意外な結末:勝者の後悔?

米国の出版界はE-Bookをめぐって二分している。現状認識から情報源まで共有していないのだから深刻だが、その中で両派から等しく信頼されるマイク・シャツキン氏が最近のコラムで、価格問題に関するこれまでの見方を撤回することを表明した。いわゆるエージェンシー価格が出版社にとって最悪である、ということを認めたのだ。 … [Read more...]

Scroll Up