電子雑誌広告の効果測定で一定の成果を確認

米国の電子雑誌1000号に掲載された3万点の広告について読者の反応を調査した結果が発表され、タブレットやEリーダで目にした読者の55%が広告に注目しあるいは読んだということが明らかになった(→リリース)。内容をチェックした人の52%は、その結果すぐに対話的UIを使ったアクションを起こしている。最も一般的な操作は、「タッチ/クリックして拡大」の38%だった。一般のWebサイト広告よりはるかに注目度は高いと言えるだろう。 … [Read more...]

Scroll Up