学術出版の「デジタル」問題 (♥)

学術出版が直面する問題は、複雑すぎて筆者の手には余るが、英国ABFのレポートはとても刺激的で、出版全体の問題として考えるための共通の土台を提供している。問題は主として経済的なものだが、出版・研究・教育にまたがって存在する学術出版の経済的問題は、社会的に解決するほかはない。[全文=♥会員] … [Read more...]

デジタル時代の出版エコシステム:(3)本は基本

筆者は、アマゾンのデジタル・コンテンツ戦略が、本を軸とした(とくにコンテクスト/ネットワーク)の拡大・深化に支えられたマルチメディア展開であると考えている。局面を変えるのが「キラー・コンテンツ」だとしても、それを支えるエコシステムがないと先細りの懸念がある。別稿で紹介した 'Wool' 拡張版は、この複雑なシステムを垣間見せてくれた。 … [Read more...]

出版エコシステムの近未来:(2)単純と複雑(♥)

デジタルによって出版のサプライチェーンをシンプルにして機会を拡大することが、アマゾンの戦略の基本であると思われるが、それは一面であって、出版概念そのものが拡大していることを忘れてはならない。デザイン的には、シンプルさは複雑なものを持続可能な形で発展させるためにこそ意味を持つ。アマゾンはその原則に忠実だ。[全文=♥会員] … [Read more...]

出版エコシステムの近未来:(1)アマゾンの戦略

先週の記事で紹介したアマゾン KDP Printは、キンドル出版者のためのオプションとして「簡易印刷本」を加えたものだが、紙とデジタルの両方を同時に選択肢とする、統合された出版プロセスという方向性を示した。そこでその関係がKindle/Amazonにおいてどう扱われるのかに関心が集まっている。 … [Read more...]

「ふつう」をつくるエコシステム

11月26日号の記事「二極化する出版:(2)エコシステムの再生」で、「ふつうの出版社」「ふつうの書店」が生きられるエコシステムを願う趣旨を書いたところ、読者の方から「『普通』=大きな意味で停滞とも受け取れそうです」というご指摘をいただきました(全文は記事参照=公開)。重要な点なので、筆者の考える「ふつう」の意味について補足させていただきます。 … [Read more...]

誰が出版社を潰すのか

英国のインデペンデント紙は11月30日、今年6月30日までの1年間に、128の出版社が市場から消え(前年は81社)、E-Bookの普及がその要因であるという調査会社の説明を加えた。こうした飛躍した記事が常識的推論として大メディアに浸出するということは、「デジタルによる出版の衰退」がすでに迷信として定着しかかっていることを示すものだろう。 … [Read more...]

二極化する出版:(2)エコシステムの再生 (♥)

コンテンツと読者の関係を変えるメディアの革命は、「ふつうの出版」を脅かす段階に入った。しかし、その本質はあまり理解されているとは言えない。それは「デジタル vs. アナログ」の二分で世界を見てしまうためだ。現実に進行しているのはB5とアマゾンが競い合って、出版の風景を変えていく姿であり、紙と印刷が頑張っているかどうかなどは些末なことだ。[全文=♥会員] … [Read more...]

二極化する出版:(1)中小出版社の没落

ニールセン社の分析によれば、出版市場はビッグファイブ(B5)とインディーズに二極化しつつある。前者はグローバルなネットワークによって、後者はE-Bookと会社を持たない身軽さによってデジタルな世界に適応している。巨大化と極小化の中間には、非常に多数の、ふつうの出版社がいる。出版文化を支えてきた、伝統と個性を持った出版社だが、いまその中堅が危ない。 … [Read more...]

解体へ向かって加速する再販エコシステム

日本の今年9月の書籍・雑誌の販売金額が発表され、第3四半期までの数字が揃った。2015年は1月(+0.6%)を例外として前年同月水準を下回っており、6月の-10.7%を最悪として1-9月期全体で-4.8%となった。10-12月も同じペースと仮定すると、消費増税の影響を大きく受けた2014年(-4.5%)をさらに下回り、1兆5,300億円。これをどう考えたらよいだろうか。 … [Read more...]

栗田倒産が起動した「業界」解体のシナリオ

昨年2月に拙稿「日本的出版流通解体へのカウントダウン」を掲載し、「現在の出版業界は、5年以内、あるいは売上規模1兆2,000億円、アマゾン・シェア30%あまりの水準で独立性、一体性を失い、分解を始めるだろう。」と予想した。果たして「業界」の要と言える「取次」の一角が崩れたが、その処理過程はさらに次の段階の始まりを予告するものとなるだろう。 … [Read more...]

アップルが「減税」を検討中!? (♥)

アップルがiOSデバイスにコンテンツを提供するメディア企業への現行70/30の課金システムを改訂するべく検討していることが FT.com (06/05)で報じられた。ただし新聞・雑誌の購読が対象で、同記事によればApp Storeは含まれていない。料率については、最近引き下げられたApple TVの15%がひとつの目安になると見られている。[全文=♥会員] … [Read more...]

ビジネスモデルが動く

先週は「噂」や「リーク」の形でお伝えしたアマゾンの Kindle Unlimitedが、あっさりと正式発表になった。最初から正式発表すればいいものをと思うが、この会社ではこれがノーマルだ。今年最大のトレンドの一つ「定額サービス」が、最大シェアを持つアマゾンから提供されるわけで、かなり頭を悩ますことになりそう。 … [Read more...]

出版界地殻変動を示す5枚のチャート (5)

米国の出版アナリストが、数多の統計データの中から注目すべき傾向を示すものとして厳選した5枚のチャートを肴に、勝手に論じてきたシリーズも最後の1枚となった。それは2013年5月までのガジェットの保有率を7年間にわたってトレースしたピュー・センターのデータ。「iPad vs. Kindle」という、いまでは色褪せた対抗関係の展開を示したものだ。 … [Read more...]

アマゾン=サムスン提携の背景 (♥)

サムスンとアマゾンの両社は4月17日、サムスンのGalaxy (Android 4.0+)デバイス専用サービス ‘Kindle for Samsung’ を含む提携に関して合意したことを発表し、90ヵ国以上提供を開始した。ユーザーは、年12点のKindleコンテンツが無料で提供される Samsung Book Deals が利用できる。契約の詳細は不明だが、双方が考えたメリットはどんなものだったのか。[全文=♥会員] … [Read more...]

デジタル出版のビジネスモデル(7) ♥

前回は、これまでの流れをビジュアルに整理し、新しいサプライチェーンの性格と、そこで生まれる多様なサービス群、それらを垂直的、水平的に統合する形で生まれるビジネスについて説明した。デジタル出版のビジネスモデル開発における枠組となることだ。ビジネスモデルじたいは日本でも適用可能なものだが、2周回ほど先を行っているために容易に理解されないという問題がある。そこで…。[全文=♥会員] … [Read more...]

Scroll Up