価格戦争の意外な結末:勝者の後悔?

米国の出版界はE-Bookをめぐって二分している。現状認識から情報源まで共有していないのだから深刻だが、その中で両派から等しく信頼されるマイク・シャツキン氏が最近のコラムで、価格問題に関するこれまでの見方を撤回することを表明した。いわゆるエージェンシー価格が出版社にとって最悪である、ということを認めたのだ。 … [Read more...]

E-Book値上げが招いた危機(2):教訓(♥)

米国大出版社の失敗は、価格だけに気を取られて「読者との関係」という21世紀の出版ビジネスを理解していなかったところに本質がある。アマゾンとともに、E-Book市場において築いた地位を失いかけているのは、デジタル革命の「成功」体験で生まれた実力の過信とあった。ゲームはまだ終わっていない。[全文=♥会員] … [Read more...]

E-Book値上げが招いた危機(1):戦略的失敗

世界最大の出版社が自ら望み、アマゾンとの厳しい交渉の末に実現したE-Bookの値上げで苦境に陥っていることを Wall St. Journal紙が報じた(09/03)。本誌が予想していたシナリオが起動し始めたようだ。11月からのハイシーズンを前に、値下げするか、出版における覇権を失うか、かなり困難な、そして緊急な決断を迫られている。 … [Read more...]

アマゾンとアシェットが「和平」合意

アマゾンとアシェット社は11月13日に共同で記者発表を行い、販売契約をめぐって8ヵ月にもに及んだ紛争に終止符を打つ複数年契約に合意、署名したと発表した(W.P.、11/13)。双方はともに「満足」の意を表明しているが、契約の詳細はもちろん不明。著者と読者という出版の主役を置き去りに「社会問題」化した紛争のツケはどちらにも小さくないだろう。 … [Read more...]

S&Sの新契約にみるデジタルの成熟

アマゾンとS&Sとの契約は、かなりの驚きをもって迎えられた。“エージェンシー”以後のビッグ・ファイブによる最初の契約が、表面的にはそれに近いニュアンスのものとして伝えられたからだ。しかし、合意がスムーズに進んだのは、アシェット社とは逆に、S&Sのデジタル・リテラシーが進んでいたことを示すものだろう。 … [Read more...]