IDPFがEPUB3普及へReadium参照実装を公開 (♥)

EPUB標準を策定しているIDPFは2月13日、EPUB3普及のためのオープンソースWebKit参照実装を提供する、リーディアム(Readium)プロジェクトを発表し、Chrome用リーダを公開した。EPUB3はかなり規模の大きな標準で、実装は簡単ではないが、これが実例として提供されることにより、開発者の仕様への理解が深まり、負担が大幅に軽減されて標準の普及促進が期待される。アップルの「離反」によって立場が微妙になっていたIDPFの「反撃」と言える。HTML5をベースとするIDPF、アップル、アマゾンの仕様の競争から目が離せなくなってきた。 [全文=♥会員] … [Read more...]

ブラウザで使うEPUB3オーサリング・ツール

米国カリフォルニアのレッド・ステープル(Red Staple, Inc.)は、ブラウザ(Chrome)で利用可能なHTML5ベースのライター向けEPUB3オーサリング・ツールを発表し、2月8日から提供を開始した。ツールは無料で使用可能で、EPUBファイルがダウンロードできる状態になるまでは課金されない。同社は、拡張型iBooksおよび固定レイアウトiBooksコンテンツのオーサリングも提供している。 … [Read more...]

アップルの発表はGarageBandのE-Book版に注目

アップルは1月19日(日本時間20日午前)に記者発表を行う(本誌では内容が分かりしだい、紹介、解説する)が、予想通り、iBooksのための自主出版プラットフォームとオーサリング・ツールになることが確実視されている。EPUBオーサリングを容易にする、使いやすく、安価なツールは、出版社、著作者、個人から幅広く求められており、新しい1ページを開くことが期待されている。 … [Read more...]

本の中身を章で分割→独立/再統合するSlicebooks

米国でE-Bookの製作・出版・販売サービスを提供するeBookPieは、一冊あるいは複数の本のコンテンツを章単位で分割/リミックスし、別タイトルで出版するSlicebooksというソリューション(ベータ版)を発表した。E-Bookビジネスではショート・コンテンツ出版が注目を集めているが、この新しいニーズに対応している。出版社は、これを使うことで簡単にタイトルを増やし、検索でのヒット率を高め、印刷本との差別化を図ることが出来る。 … [Read more...]

iBooksコンテンツをiPadで作るアプリが$6.99!

iPadで読むE-BookはiPadで制作したい、と考えていた人に朗報となるEPUBオーサリング・アプリを、米国のRed Jumper Studioが開発した。Book Creator (v1.6)は、わずか6.99ドルと超廉価ながら、iBooksで読み、友人に送り、その上iBookstoreへの商品登録を申請することもできる。価格的に、自主出版はもちろん、写真集、画集、料理本などのパーソナル/プライベート出版にも最適だ。 … [Read more...]

Kindleブック作成のDIYソフトKindle Writerが$45

Kindle関連のソフトウェアを提供する英国のTechline Publishingは7月25日、Kindle Writer 1.2をリリースし、30日無料試用キャンペーンを始めた。著者や出版社がアマゾンKDP (Kindle Direct Publishing)フォーマットの原稿を作成・編集・入稿できるようにするもので、Kindleアプリによるプレビューも可能になっている。同種のソフトやサービスは少なくないが、45ドルという価格は魅力的だろう。The Digital … [Read more...]