アマゾンが無償OER環境 Inspire発表(♥)

アマゾン(Amazon Education)は、教育分野の新しいプラットフォーム、Amazon Inspireのベータ版を立上げた。教育関係者と現場の教師とが教材を共有できるWebサイトで、全米学校教育長協会(AASA)のオープン教育リソース(OER)に関するセッションで発表された。これは非常に野心的なプロジェクトで、同社にとっても戦略的な重要性を持つ。[全文=♥会員] … [Read more...]

イングラムVitalSourceがEdXで採用 (♥)

イングラム社傘下の教育コンテンツ配信企業 Vital Source Technologiesは、MOOCの世界的プラットフォームでNPOの EdX(エデックス)に対して教科書配信サービス VitalSource Bookshelf の提供を行ったと発表した。MOOCと結びつくことで、グローバル化する高等教育市場における世界的なE-Textプラットフォームとしての同社の地位を固めている。[全文=♥会員] … [Read more...]

EPUB3オープンソース開発加速へReadiumを独立

EPUB3をサポートするオープンソース・イニシアティブ Readium.org を推進してきたIDPFは3月25日、独立した会員団体 Readium Foundation として再発足させると発表した(→リリース)。今週金曜(29日)から開催されるパリのブックフェアで正式発足する。Readiumは、今後タブレットなど各種デバイスのネイティブ・アプリに最適化したEPUB3レンダリング・エンジンを開発するための開発キット(SDK)プロジェクトを推進する。拡張E-Bookを標準ベースで開発する体制が大きく進展し、出版社の負担は軽くなる。 … [Read more...]

シュプリンガー数学百科事典wiki版、利用者6ヵ月で50万人

シュプリンガー系列のSpringer Science+Business Media (SSBM)は4月18日、ヨーロッパ数学会(European Mathematical Society)の協力により昨年11月からWikiベースのオープンソース・コンテンツとして提供している数学百科事典(The Encyclopedia of Mathematics, EoM)へのビジターが50万を超えたと発表した。EoMは2002年以来、購読ベースで提供されており、約8,000項目、5万あまりの数学概念を網羅している。オープン化を機に、ユーザーによるオンライン投稿、編集・審査の体制も整備された。 … [Read more...]

Scroll Up