アマゾン出版が出版界の重鎮を招聘

アマゾンの出版事業については前号で紹介したが、その中核とも言えるミステリ&スリラー・ブランドのトップに、かつてタイムワーナー社の書籍部門を率い、現在版権エージェンシーを経営する生粋の出版人のローレンス・カーシュバウム氏が就任することが明らかになった。米国出版界ではこの人事に驚き、出版社への「挑戦状」(gauntlet)と受け止めている。しかし、客観的に言ってこれは、E-Bookによって出版ビジネスがますますホットになりつつあることを感じさせる出来事と言えよう。アマゾンは今週開催中のBook Expo America (BEA … [Read more...]

Scroll Up