児童書のデジタル化の可能性と課題 (♥)

米国はNYにある非営利団体、J.G.クーニー・センターが、昨年夏から秋にかけて、3-6歳児を持つ24の家族を対象に行った調査によれば、ほとんどの子供がE-Bookを好み、理解内容に差はない、という結果が出た。拡張E-Bookと在来型E-Bookとの比較もされているが、対話型のコンテンツの詳細を覚えていた者は、在来型で読む場合より少なかった (Digital Book World, 01/09)。 大きな潜在性を持ちながら、未開拓ともいえるこの分野の課題を考えてみた。 [全文=♥会員] … [Read more...]

Scroll Up