P2P海賊善玉説にRIAAが反論

P2Pによる違法ダウンロードは、日本でも罰則が強化されたが、P2Pは必ずしも著作者にとって悪いものではないという主張も根強く、そうした研究や調査も発表されている。そしてメディア研究のメッカである米国コロンビア大学は最近、音楽ソースについてそれを裏付けるような調査結果を発表した。米国レコード協会(RIAA)は、市場調査会社のNPD Groupのデータを用いて反論するとともに、アンチP2Pキャンペーンを強化している。この決着は、やはり客観的な調査に基づくデータでつけるしかない。 … [Read more...]

Scroll Up