老舗教育出版社で初の“コンテンツ・オフィサー”

米国の教育系出版社、ホートン・ミフリン・ハーコート社(HMH)は3月26日、マイクロソフト社教育部門のイノベーション担当責任者を経験し、昨年HMHに加わったメアリー・カリネーン上級副社長を、初のChief Content Officer (CCO)に任命したことを発表した。同氏は現在担当中の業務範囲を拡大し、とくにK-12(初等教育)市場のためのコンテンツ開発戦略や次世代のソリューション開発を率いることになる。老舗出版社のこの動きは、教育コンテンツがサービスと一体になり、ITによって初めて実現されるものとなった現実を反映している。 … [Read more...]

Scroll Up