コンテンツ産業活性化へ刺激策を模索するEU

最近開催されたパリのブックフェア (Salon des Livres)では、デジタル化への軌道に乗った米国と対照的な欧州の現状が浮き彫りにされた。英国を除いたEU加盟国の多くでE-Bookの販売シェアは2%以下。2%を超えたのが1ヵ国だけという状態だ。アマゾンやKoboが参入した昨年後半から上向いているとはいえ、マンガを除いた日本と変わらない。デジタル化の遅れに対する危機感を深めている欧州委員会は、出版業界に期待するのではなく、より大きな環境整備を構想しているようだ。 … [Read more...]

Scroll Up