「ポスト電書」の戦略を考える

「空気の国」日本のトレードショウは、商談の場というより、気を集め、次に向けて放出する場のようなもので、その意味では祭りに似ている。だが、7月にしては冷たい雨の中で、出版・デジタル・Webの気を集めてきた東京国際ブックフェアは閉幕し、ひとつの時代(20年あまり)が終わった。気が十分に集まらなくなったためである。原因は何か、新たな出版の気はどこから生まれるのか。 … [Read more...]

Scroll Up