読書空間と出版市場 (1) 本が生まれる前 (♥)

アマゾンの Kindle Singlesの「プラットフォーム化」の動きが鮮明になってきた。では今回は何のプラットフォームをどこに構築しようとしているのか。これは制作や流通といったものとは違う次世代のプラットフォームだ。それは本がまだ生まれる前の「原始空間」にフォーカスしている。(全文=♥読者) … [Read more...]

ソーシャル・プラットフォームWattpadの長い旅(1) (♥)

アマゾンがKindleを出して今年は10年目にあたる。Kindleの10年で最大のサプライズは自主出版という新しいビジネスモデルの成立だろう。自主出版は進化を続けており、ソーシャルとグローバル、そしてマルチメディアという異なる軸で独自の空間を拡大している。アマゾンは不動のリーダーだが、ライバルはアップルでもGoogleでもない。[全文=♥会員] … [Read more...]

Wattpadはビジネスモデルを掴めるか (♥)

SNSは開かれたプラットフォーム・ビジネスだが、有効なビジネスモデルを最適なスケールと持続可能な密度で実現するのは、ユーザーから有用性を認知される以上に難しい。Wattpadが映像メディアとの提携に成功すれば、これからのコンテンツビジネスの進路を変えるかもしれない。[全文=♥会員] … [Read more...]

Wattpadが世界最大のメディア企業と提携

Wattpadは11月22日、Comcast/NBC系の映像制作会社 Universal Cable Productions (UCP)と提携してオリジナルTVコンテンツの共同制作に進出することを発表した。ビジネスモデルを求めるWattpadは、とうとう世界最大のメディア企業との提携に行き着いた。問題はこれが機能するかどうかだが、「データ」が結び付けた縁には合理性がある。 … [Read more...]

収入の道を探すWattpad

ソーシャル出版プラットフォームのWattpadは、著者のための収入スキームとして、Wattpad Futures (WF)という広告を導入すると発表した。一部のストーリーの章の間に広告を挿入し、著者は広告閲覧数に応じて収入を得るというもの。これまで収入源の開拓に熱心でなかった同社は、持続可能なビジネスモデルを構築できるだろうか。 … [Read more...]

Wattpadが「フリーミアム」を導入

ソーシャルライティング・サイトのWattpadは12月2日、読者コミュニティが著者を支援する方法として、フリーミアムの要素を入れた有償コンテンツを導入することを発表した。「無償で読める」という創立以来の原則を一貫させつつ、とりあえず著者とWattpadにとっての経済的な持続(自足)可能性を確立しようということだと思われる。 … [Read more...]

Scroll Up