「デジタル出版クロニクル」シリーズのご案内

本誌を母体としたデジタル・ファーストの出版企画を、近々にスタートすべく、準備しています。素材として記事を使いますが、基本的にオリジナルで、E-Book 2.0 Forumのサイトに「プラットフォーム」を新設し、テーマや問題提起、本文の骨格などを公開し、読者の皆様と共有しつつ、フィードバックを得ながら進めていく、プロジェクト指向の出版となります。 … [Read more...]

HQがデジタル・ファースト連続スリラー

ハーパーコリンズ傘下のハーレクイン社は1月12日、新趣向のデジタルファースト・シリーズ作品出版企画を立ち上げた。4人の作家が共作=競作するミステリ-サスペンスの'Tough Justice' は、8部構成ながら同時出版される。「ストーリーがどう書かれ、どう読まれるのかというルールは、時代によって変化していくものです」と同社は述べている。 … [Read more...]

HCがデジタルファーストで変身/幻視小説を刊行

ハーパーコリンズ社(HC)は11月10日、TF/VF(変身/幻視)小説に強いHarperOneブランドから、新たに HarperLegendという公募型デジタルファースト・ブランドを立上げたことを明らかにした。Legendは出版を希望する作家から直接、オンラインで原稿を受付け、編集チームが採否の審査にあたる。採用されれば、著者には版権料が支払われる。 … [Read more...]

雑誌帝国の世界戦略の一石二鳥(♥)

出版ビジネスの国際化とはローカライズのことであり、コンテンツ、制作、流通、広告、ブランドも含めて地元のパートナーと組む形がとられた。莫大な投資をして成功したか見えても継続性にはつねに疑問符が付く。しかし、そうした20世紀の常識はもはや通用しないのかも知れない。デジタルでは読者に訴求するものさえあれば80%の問題は解決しているのだ。[全文=♥会員] … [Read more...]

Scroll Up