digiPubはハイブリッド・メディアとなるか

11月16日にニューヨークで、出版系B2BメディアのNAPCO Media の主催により、データ駆動型印刷にフォーカスした digiPub という最初のイベントが開催された。PoDに関連した話題なので、こちらの紹介をしておきたい。雑誌・書籍・広告を中心に、デジタルによって印刷媒体のコスト上の弱点を低減することを本気で目指しているイベントだ。 … [Read more...]

「未来」への対話 W3C Publishing Summit:(2) 技術 ♥

未来を拓くテクノロジーに関する発表はこの場に相応しく、ハイレベルな内容だったと思われる。これらは別に紹介することにしたい。パーソナライゼーションとVR/ARは組合わせることにより、教育でもエンターテインメントでも出版/コンテンツの内容を大きく拡張することになるだろう。EPUB4への議論が深化することが期待される。[全文=♥会員] … [Read more...]

出版とp13n:(1)ポストWebの出版 (♥)

出版においてパーソナライゼーションが課題として認識され始めたのは比較的最近のことだが、UI/UX、マーケティング、ビッグデータなどが錯綜してまだ方向性が見えていない。筆者なりに原点である「読者」との「コミュニケーション」という観点から考えてみたい。今回はとりあえずイントロまで。[全文=♥会員] … [Read more...]

音声エージェントとメディア:(2)コンテンツの変貌 (♥)

新しいインタフェースはメディア・ビジネスのすべてに大きな可能性をもたらす。しかし、それを実際に手にできるのは、うまく適応したものに限られる。まず場所と環境を特定し、方法を知り、さらにそれを出版のビジネスプロセスに組込んでいく必要があるのだが、誰が手を付け、ボトルネックを握るかは、この5年間の最大の焦点になると思われる。[全文=♥会員] … [Read more...]

音声エージェントとメディア:(1)コンテナの変容

音声インタフェースと結びついたエージェント(IPA)技術が出版をどう変えるかという問題について、ジョー・ワイカート氏が興味深い考察を述べている。これはメディアのサービス化を促進し、ビジネスモデルの流動化をもたらす。出版については、コンテンツとサービスの両面で大きな影響を与えるだろう。 … [Read more...]

Scroll Up