ペンギンのE-Book事業が128%増と躍進

ピアソン・グループ傘下のペンギン社は、2011年上半期の決算を発表、グローバルE-Bookビジネスの売上が前年同期比で128%の増加を見せ、総収入の14%を占めたことを明らかにした(→リリース)。作品としては、トム・クランシーのAgainst All Enemies、キャスリン・ストケット(Kathryn Stockett)のThe Help、ジョシュア・フォーアのMoonwalking with Einsteinなどが記録達成に貢献した。しかし、ペンギン全体の売上は4%下落した。2010年通期はほぼ増減なかった。 … [Read more...]

ペンギンeBooksが182%増、ピアソンGが好決算

教育書・専門書出版やペンギン、ファイナンシャルタイムズ(FT)を擁する英国のピアソン社は、2010年の決算を発表し、新興国市場とデジタル市場の成長により10%の増収、8%の増益を達成したことを明らかにした。総売上は56億6,300万ポンド(約7,500億円)、営業利益は8億5,700万ポンド(約1,143億円)。デジタル事業は、24%増の16億ポンド(約2,130億円)となり、ピアソン社の売上の29%を占めた。 … [Read more...]

Scroll Up