FBF 2017と「政治」化する出版

フランクフルト・ブックフェアが開幕し、ゲスト国フランスのマクロン大統領を選挙を終えたメルケル首相が迎え、独仏両首脳が表現の自由と本の価値を共有する「欧州の文化的団結」を訴える政治色の強い開幕となった。基調講演ではペンギン・ランダムハウス(PRH)のマルクス・ドーレCEOが、市場の「安定」をいつになく強調したが、これも動揺を隠す政治的表現と言える。 … [Read more...]

Scroll Up