非英語圏E-Book市場が離陸の兆し

非英語圏のE-Book市場が2013年に急成長を始めたようだ。100%あまりの成長を記録したドイツに続いて、オランダ、ロシア、ブラジルでも上昇が伝えられている。注目されるのは、ドイツ書店連合の Tolinoプラットフォームが1年を経ずにアマゾンに次ぐシェア(30%台後半)を得たことだ。もしこれが定着すれば、アマゾンが50%を取れない市場として理由が分析の対象になるだろう。 … [Read more...]

アマゾンがブラジルにKindleストアオープン

アマゾンは12月6日、Kindleストアをブラジルでオープンした。ポルトガル語のコンテンツは、パウロ・コエーリョなど重要なブラジル人作家の作品を含む1万3,000点。E-Readerは40レアル(約1万2000円)から。Kindleの非英語圏への展開は2011年からで、同年にドイツ、フランス、スペイン、イタリアがオープン。今年は日本で開店していた。そして先週には、KoboとGoogleも参入した。アップルもiBookstoreを披露している。躍進するBRICS市場の重要な一角とはいえ、ブラジルがこれほどの注目を集めるのはなぜか。 … [Read more...]

Scroll Up