B&Nが高性能・低価格タブレットNook HDを投入

バーンズ&ノーブル(B&N)は9月26日、Nookタブレット・シリーズの3代目となるNook HDを発表し予約を開始した(→リリース)。7型のHDと9型のHD+の2機種がベースで、それぞれ$199と$269から。画面解像度が向上し、軽量化したのはもちろんだが、新たにビデオストアが開設され、ファミリー機能(個別プロファイル管理)、本と雑誌の立ち読み機能が改善した点が大きい。リリースは11月1日だが、間もなく登場するWindows 8は採用されず、全体としてはマイナー・チェンジに止まった。落ち込んだデバイス販売はこれで回復させられるだろうか。 … [Read more...]

デバイスのパワーアップでKindle戦略が新段階へ

アマゾンは9月6日、ロサンゼルスでの新製品発表でKindleおよびKindle Fire (KF)の新世代版を発表した。強力なハードウェア、高精細ディスプレイ、低価格といった仕様がまず目を惹くが、昨年登場したX-Ray、看板であるWhispersyncなどのクラウド・サービスも強化されており、時間とともにそちらが注目されることになろう。発売・出荷は9月14日から11月20日にかけて行われ、アップルが発売を予定していると言われるiPad miniとともに秋からホリデー・シーズンの商戦をリードするだろう。 … [Read more...]

B&NがKindle Fire迎撃にNook Tablet発進

B&Nは予告どおり7日にNook Color (NC)の後継となるNook Tablet (NT)を発表、来週から米国で出荷を開始する。ハードは強力で、LG製Vivid Viewディスプレイが1080pを再生。しかし、電池は11時間の長寿命で、重量は1ポンド(454g)以下。価格は$249とKindle Fireより50ドル高いが、メディアタブレットとして洗練されている。OSはAndroid 2.3。しかし、アマゾンとの際立った違いは、サードパーティ・アプリのフルサポートにある。十分に勝負になりそうな印象だ。 … [Read more...]

アマゾンタブレットは2万円以下。その名はKindle

さて、やはりアマゾン・タブレットの最新情報に触れないわけには行かない。9月2日、TechCrunchが一連の噂の掉尾を飾る(?)、MGシーグラー氏のレポートを掲載した。これまでのものとは違って、実物(設計検証用)を見て触ったというのだから、これは「公式リーク」に近いと考えてよい。写真なしが条件とのことで、写真はないのだが、ヒントとしてはRIMの7型タブレットPlayBookと似ているらしい。その名は、なんとKindle。Kindleタブレットが日本市場にも登場することは確実であり、検閲や価格問題でのアップルとの対応に苦慮していた出版社やコンテンツサービス企業にとって、抗し難い魅力を持ったプラット … [Read more...]

サムスンがiPad追撃へ10.1型タブレット

サムスンは2月13日、バルセロナで開催されたMWC (Mobile World Congress)で記者発表を行い、Galaxy Tab 10.1を披露した。第2号機のAndroidタブレットは、10.1型画面(1280x800)をNVidia Tegra 2 CPU (1GHz)で駆動。8MPと2MPの2個のカメラを搭載し、1080pで録画・再生を行う。OSはタブレット用Android 3.0 Honeycomb、メモリは16GBまたは32GBのフラッシュ。Wi-Fiとともに4G通信をサポートし、欧州ではボーダフォンと独占契約している。米国は未定。価格も発表されていないが、Tab … [Read more...]

VIERAタブレットはリモコンかガジェットか

パナソニックはCES 2011を前に、VIERAシリーズと連携するタブレット製品「ビエラ・タブレット」試作機を展示し、2011年中に商品化する意向を表明した。Android搭載の4/7/10インチの3機種を用意するが、北米でサービス開始が予定されているVIERA Connectサービスにアクセスでき、メディアコンテンツやコマース、SNS等のサービスを利用する。またTVのリモコンとしても機能する。同社の旗艦であるVIERAのシステム製品とモバイルデバイスという性格をどう両立させるかがチャレンジとなる。 … [Read more...]

Scroll Up