データを制する者がメディアを制する (2)♥

メディア・ビジネスはますますデータ指向を深めている。これはオーディエンスのコンテクストが価値を訴求することでもある。コンテンツと読者の両方をつなぐコンテクストをプラットフォームより先に見出すことができなければ、出版はメディアとしての輝きを失い、コンテンツの工場として「生かさず殺さず」の立場に置かれるだろう。[全文=♥会員] … [Read more...]

データを制する者がメディアを制する (1)

B2BメディアのNAPCOが出版業界向けに提供しているPublishing Executive (04/20)は、すべてのメディアに共通するテクノロジー・トレンドを総括した記事を掲載した。パーソナライゼーション、AIによるデータ利用、戦略的テクノロジー統合、コンテンツの高品質化、という相互に関連する4つの視点でまとめられている。紹介してコメントしておきたい。 … [Read more...]

米国出版ビジネスの転換点(♥)

米国出版社協会(AAP)は2015年12月の月次統計をまとめ、2015年の通年統計を発表した。E-Bookは2012年に30%台の上昇を記録して以降、2年間は同じ水準を維持してきたが、9.5%と約1割下落して14億ドルとなった。ペーパーバックが近年では「異常」な上昇(16.2%)を見せて25億ドルと、2011年の水準を回復して、紙への回帰(?)を示した形。[全文=♥会員] … [Read more...]

シュプリンガーの戦略はデジタル重視

ドイツの世界的メディア企業 アクセル・シュプリンガー社が、米国のオンラインニュース・サイト Business Insiderの株式の88%を、創業者のヘンリー・ブロジェット氏から3億4,300万ドルで取得したことが報じられた。同社はすでに7%を保有しており、これで95%を取得したことになる。BIは3%をジェフ・ベゾス氏が保有していることでも知られる。 … [Read more...]

PwCが娯楽メディア産業長期予測 (♥)

米国の大手調査会社PwCは6月3日、急速に変貌を遂げつつある世界の娯楽メディア産業の長期予測を示すレポート 'The Global Entertainment and Media Outlook 2015-2019' を発表した。B2Bメディア、一般書および教育図書出版、商業雑誌、インターネット広告などに分けて2019年までの展望を述べている。[全文=♥会員] … [Read more...]

アマゾンとS&Sは何を話しているのか (♥)

米国サイモン&シュスター社(S&S)を傘下に持つ CBS Corp.は8月7日、第2四半期の決算を発表し、出版部門の好調さをアピールした。売上は前年同期比11.6%増の2億1,100万ドル。25%をデジタルが占めた。しかし、S&Sが最近注目を浴びているのは、CBSのムーンヴェスCEOがアマゾンのベゾス氏とサシで会い、「交渉」を行っていることを明らかにしたからだ。[全文=♥会員] … [Read more...]

Scroll Up