メディア帝国を射程に収めたアマゾン

出版社は本来、安定を求める存在であり、多くはファミリービジネスとして生まれた企業が、メディア・コングロマリット(以下MC)傘下の大企業(あるいはそのブランド)になったのは、最近は経営危機に喘いでいるBarnes & Nobleのような大規模流通による「圧迫」を受けた結果で、そう昔の話ではない。 … [Read more...]

Scroll Up