アップル出版プラットフォームの2つの顔 (♥)

アップルは、iBooks Editions というサービスをひっそりとデビューさせた。各3-5ドルの小説作品のセット(4点は無償)に「独占ボーナス・コンテンツ」を組込んだ販売方法だが目新しさはない。他方で、 iTunesのアプリ開発者向けに発表したビジネスモデルは、定額制の手数料を30%から15%に引下げる意欲的なもの。[全文=♥会員] … [Read more...]

Scroll Up