英語圏市場を狙う非英語圏フィクション

ニューヨークの新興デジタル出版社ル・フレンチ・ブック (Le French Book)は8月21日、最初のタイトルとなった犯罪小説3点を刊行した。同社はフランスのミステリ、スリラー、小説、短編、ノンフィクションを英語読者向けに翻訳出版することをミッションとしたもので、仏語圏の狭い市場しか持てず、世界的に見れば埋もれている傑作、秀作を英語に翻訳出版するプロジェクトとして企画された。出版のグローバル化、ローリスク化によって、こうした試みは増えてくるだろう。 … [Read more...]

Scroll Up